現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# さすがに暑いので……

top1

なかなかの暑さ。いや、夏なんだから当然なんだけどね。暑くなり始めるのが早いよね。だから、奥の院めぐりなんかも少しお休み。

うるう年の申年、逆打ちの年なので「八十八ヶ所霊場」「別格二十霊場」を回っておりました(ほんとは、打つと言います)。

そちらは、素早く終わりました。なんせ、前回の千二百年記念の時の記憶もまだ鮮やかですから。逆打ちだと道が反対なので「アッ見覚えある、間違いない!」ってのが、道を間違えるきっかけになってしまう所もありましたが、カーナビ様の案内通りでテキパキ行けました。

各寺院の奥の院は、ゆっくりですが行ってます。こちらは、いつ満願出来るのか?わからないって感じなんです。そもそも、終わりがあるのか?とすら思いますが。
少なくとも、奥の院の納経帳を埋めたいとの欲望があります(汗)。
しかし、納経帳や参考本に載ってない所なんかも行ってます。ですから、納経帳の後ろの余白ページがどんどん埋まっていきます(汗)ま、本来、その為に余分なページを作ってくれているが普通なんですけどね。

奥の院は、普通のお寺も多いですが、登山必須の所もチラホラありますので、気軽に人にすすめられない所もあるのですが、簡単に行ける所も多く、札所近くにあるのなら、是非にも寄ってお参りすれば楽しいと思います。奥の院は、お寺だけどは限らないのです。神社も結構あるんです。

ホームページにもまとめていこうと思っています。また、車で行けるよ!って情報もまとめようと思っています。だってね、検索して情報探しても、歩き遍路の人ばっかりだと思いませんか?特に奥の院は。札所はいいんですよ。情報があふれています。

しかし、奥の院となると「歩き遍路」の情報ばかり。結局、地図で事前に確認し、カーナビで出ない所はマニュアル入力で設定し、念のため、スマフォのカーナにアプリにも設定(目的地近くのランドマークとか)して、行きましたし、これからも行きます。

さて、久しぶりの日記は遍路の事ばかりになりました。

記念のお御影札で作るうるう年散華と梵字も完成しました。前回の赤のお御影札より、今回の方がなんだか凝ってて良いですね。

gyakuuti

↑108寺院(88+20)回って完成する5つの(別格1枚88寺院4枚)うるう年申年記念の物。専用台紙は、お寺でしか売ってません。

通常のお御影札(白)や記念のお御影札(赤とか)だと、巨大になりますが、今回のは凝ってて、それほど大きくないけど珍しい作りです。飾ると綺麗!ありがたいですね。

top1

# 2016年、平成28年、申年に前回の続き

top1

前回、いろいろあってAndroidとWindows10を一つのHDDにインストールしてべんりだな~~ってやりましたって所で、止まってしまって年をまたいでしまいました。

結局の所は、大成功でした。パーテーションを区切り、それぞれインストール。起動時は、ブートローダーの1つであるGRUBでどのOSを起動するか選べます。しばらくは、便利でした。

しかし、Windows10の大きなアップデートが来ました。話題になってたコルタナさんが日本語を話しだすアップデートが含まれていました。もう、やるっきゃないですよね。haloもプレイして来た過去がありますので、コルタナと話が出来るのはワクワクします。ま~、実際は声が違うのであまりコルタナっぽくなかったのですが、歌も歌えるコルタナさんは、自然な感じでした。ま、AndroidやiOSシリと同様のサービスなので、人工知能が学習して行く中でWindowsっぽさが出て来るのには時間がかかりそうですが(Windowsっぽさって??)。

で、そのアップデートはTh2と呼ばれていて大きなアップデートでした。
ってか、アップグレードと同じくらいの規模で、結局、新OSを入れるのと同じ規模でした。

なにげにアップデートすると再起動を何度かします。通常のアップデートだと、GRUB画面の時にWindowsを選択すれば問題なく進みます。

しかし、アップデート途中での再起動の時、WindowsさんはGRUBを破壊したようで、再起動後GRUB画面が出ません。どうやっても出ません。HDDにはアップデート途中のWindowsが起動するのを待ってるはず(汗)なんですが、どうあがいても絶望的に起動しません。

なので、まずは別のPCにHDDを接続して必要なデーターを救出。その時に、フォルダ構成を見てみると、アップデートは成功しているようで、Windows.oldフォルダからのデータ復旧となりました。

おや?なら、壊れているのはGRUBだけ?そう思いましたし、実際そうだったに違いありません。ならば、GRUBを修復すればいいだけですよね。

ここから、ややこしい事になりました。まず、Androidのインストールに作ったディスクから修復をこころみましたが、出来ませんでした。

さすれば、Ubuntuのディスクから修復してやろうと思いついたのです。ライブディスクから起動し修復しようとしましたが、権限がないので何も出来なかった。さらに、リナックスのライブディスクも試しました。同じでした。ま~、そうでしょうが。

そのライブディスクでいろいろしている時に、再び再インストールなどをした時に面倒くさくないようにAndroidのアプリをUSBメモリーに入れとこうと思いつきました。これが、面倒くさい事のパート2につながります。

リナックスをライブディスクで起動している時に刺しているusbメモリーには、少し前に大事なデーターを入れてバックアップへ回す予定のデーターが入ってました。

まー、いいか。そう、思ってしまったのです。USBメモリーにアプリを入れました。そして、すっかり疲れていたのでAndroidもWindowsも再インストールをする決意でGRUBの修復を諦めていました。なので、

シャットダウンしました。

WindowsとAndroidをパーテーションを分けた1つのHDDにインストールするのではなく、別々のHDDにちゃんとインストールする事にしました。大きなアップデートがあるたびに、こんな事になるのは嫌だから。

インストールは簡単に済みました。それぞれ起動もOK。普通に電源を入れるとWindows。Androidを立ち上げたい時は、BIOSの起動選択から(F〇〇連打のやつ)からHDDを選んで起動する形に。

いろいろ面倒くさかったものの、再インストールしたのでスッキリな感じがして結果良かった感じです。

あっ、USBメモリーのデーターをバックアップに送らなくちゃルンルン♪って感じで挿すと、

真っ白

になってました。中身が……無い。…………ちぇきら!

なぜ?何かした?そんなミス何処で?謎。

結局その謎は今でも分からないのですが、そりゃもうサルベージ開始です。

まずは、サルベージソフトを使ってUSBメモリーを検査。いろいろ出てきますが復元出来ず。復元できたファイルは、どうでもいいものすごい過去のデーターでした。なぜに?と思いましたが、満杯まであまり使わないもんね。そんな事もアリかもと納得……してる場合じゃない。

そのデーターを作成したPCのHDDをサルベージソフトにかける。もう、ほんの……ほんの僅かな望みです。容量も多いから、恐ろしく時間もかかりますが、やるしかありません。しかし……サルベージ出来ず。関係ないファイルは復元可能でしたが、目的のファイルは無理でした。

結果、諦めました。残ったのは、スッキリしたOS。再インストールしたから。
まー、良かったんだけどね。たかがGRUB……されどでした。

文字にするとあれですが、結構な時間がかかった。

しかし、TH2にしていろいろおかしな事が多発しているブログを書いてる人が多い中、なんのトラブルもなく正常に動いてるのは再インストールのおかげかなって事で、むしろ良かったと今は思っております。

top1

# 今回はPCトラブル日記。気がつけば、12月なんですね。

top1

その1

気がつけば、12月。いろいろありました。ま、自分が悪いんですけど。おかげで、久しぶりのアップに相成りました。

数か月前、雑誌&漫画の読み放題が始まり、入会。今までもありましたが、雑誌の量が多いので魅力的かなってのと、宣伝に負けた(-_-;)結果、よかったんだけども、○ュー○の立場って??○ュー○より圧倒的に読める本が多い……

で、始めはスマフォで読んでたのだが、雑誌は読みずらい。小説は、スマフォが一番読みやすいけどね。じゃ、雑誌はタブレットだなって事に。winタブで読もうとしたら「本人の確認は出来たけど、スマフォで見てね」って事で、アクセスが禁止に(-_-;)

どうやら、android&キャリア通信してるスマフォからしか読めないらしい。

一応、Wi-Fi接続でも大丈夫なようになってるので、iPhoneなどからはクロームからアクセスする事で読める。androidも同じ。

つまり、マックやwinからはダメって仕組みになっているらしい。

さ~ここから、大事なデータが入ったUSBメモリーが一瞬で吹っ飛ぶまでの長いストーリーの幕が開きました。♪ベベベン、ベンベン♪

 

タブレットは、Windowsタブレットばかり買ってるので、android&ipadは買っていない。そして、このタイミングで雑誌のために買う考えは全くない。はてさて。

はっ!

Windowsとandroidをデュアルブートすればいいんだ!

そうすれは、タブレット買わなくてもタブレットよりも大画面で本が読める!
って事を思いついたのです。かつて、デュアルブートで複数のOSを使っていた時がありました。そんなに難しくもありません。簡単にできると思いました。

実際、出来ました。androidは無料で公開されているので、好きなバージョンをイメージダウンロードしてインストールする事が出来ます。

デスクトップやノートにインストールする手段や、コツやモードの違いなんかもすっかり理解できました。なんやかんやで3回くらいインストールしましたから(-_-;)
今では簡単です。それだけの事を書いたページでも作ろうかと思います。現逃の日々のPCカテゴリに。いつか……。

ま、とにかくインストールしandroidがWindows10の入っているHDDにデュアルブート出来ました。そんな無謀な事をしているのも、他に、稼働してるノートやタブレットがあるから、仮にトラブっても回復手段は確保できるって考えがあったからです。ですから、トラブルがあっては困るPCで試す事はオススメしません。(重要)

HDDのパーテーションを区切り、CにはWindowsを。他のパーテーションにandroidをインストール。起動時、選択OSを容易にする為に、GRUB。ってか、物理的なHDDやSSDで分けてない以上、GRUB必須って感じですが、androidのインストールの時にインストールするか、しないか?選択できますから、便利です。

なんの問題もなく、Windows10もandroidも使用可能になりました。しかも、androidのサクサクったらありません。大容量ったらありません。Googleplaymusicにもはいったのですが、androidのアプリが巨大に開くので、それも便利です。クロームのブラウザでmusic開くより使いやすい気がします。スマフォからだと、小さいもんね、画面。

さて、長くなりそうなので、続きは次回にします。明日くらいにはアップすると思います。なんか、珍しいトラブルだったので、書き留めておこうと思ってるので。

では、また次回。

top1

# Windows10

top1

2015年7月29日よりWindows10へのアップグレードが始まりましたね。

私も、さっそくWindows10にするために、ずいぶん前から予約していました。
windowを使ってない人は「予約?」と思うかも。7&8.1のwindowでは、「田」マークがタスクバーに出現しており、そこから予約。わざわざ、マイクロソフトから
「おめでとうございます」メールが送られてくる丁寧さで、期待を高めて来る仕様でした。家で稼働中の不具合でても大丈夫なPC&タブレットで予約していました。いつでも戻せるしね。不具合出ても、ドライバーを再インすりゃ、だいたい治るし(;'∀')

いよいよ29日。何が起こるのだろうと思わずにいられません(-_-;)

しかし!そんな直ぐには落ちてこない。ま~当然です。テスターに参加していた人が優先だったみたい。結局、「田」からのアップグレードをあきらめ、翌日(だったと思う)マイクロソフトの公式ツイッターがつぶやいていた「お急ぎの方は~~」にて、
isoがダウンロード出来る事を知り、アップグレード。権利を正しく得た上でクリーンインストール。めでたしめでたしと相成りました。

今の所、動かない物はほどんどありません。プリンターや周辺機器もちゃんと動いています。思った以上にドライバーで泣く事がありませんでした。

また、古くから便利で使い続けているソフトもそのまま動きました。一つだけ動きませんって表示された使わないWindowsアプリがあったのですが、無視です。PC購入時からプリインされてるマジでいらないソフトなので。

便利になったのは、音楽ファイルの対応拡大。アップルロスレスとFLACに標準対応した事です。これは便利です。そんなのソフト入れるだけだし、別に今までもっておもうでしょ?所がどっこいです。私は、今はandroidのスマフォなんですが、
iPhone2台とiPodが壊れる気配なく稼働、もちろん使っています。

モバイル用なら、MP3で十分って思うかもしれませんが、持ち歩く為には使ってません。ま、車には接続しますが。そこで、クラッシックやオペラをMP3にするのは精神衛生上よくないので、可逆取り込みで扱っています。そこで、アップルロスレスのままでもwindowでMP3と同じように扱えるのは、とっても楽なんです。

ファイルのプロパティーを開くだけで、エクスプローラーからタグも編集出来るしね。これは、便利になりました。聞き放題の時代ですが、自分の持ってるファイルを便利に扱えるのは、必要ですね。いつまでも。

スタートボタンが復活。これは、前情報から分かっていました。リークされてた画像とほぼ同じでした。そこには、Windowsアプリがピン止め出来るのですが、更新がタイルにでます。前OSのスタート画面と同じ。いろいろ変わってる所が多く、新OSって感じがします。

タブレットモードは、思ったより使い勝手がよくなく、タブレットでもデスクトップモードで使っています。タブレットモードは、たぶん更新で変わると思います(;'∀')
8.1がすごくタブレットでは使いやすく設定されたOSだったんだと感じました。

すぐに慣れてしまうでしょうが、まだまだ全部確認していないので、しばらくは新鮮な気持ちで触れそうです。

所で、標準のWindowsのかっこいい壁紙。Windowsのマークが入ってるやつ。あれって、CGじゃなく、撮影したんだって。しかも、光源に使わてれいるのはエプソンのプロジェクター。ガラスにマークがプリント(スモーク処理?)した物に光を当てて撮影しているんだって。プロジェクターだから、模様とかいろんなパターンで撮影して、採用されたのが世界中で見られてるであろう壁紙だそうです。

結構、いい感じですWindows10。本日はこの辺りで。
詳しくは、また日記に書きます。また、メモ代わりに現逃の日々のPCカテゴリーに10の記事を足していくつもりです。食も追加予定です。では、また(^◇^)

top1

# きっとうまくいく

top1

久しぶりの映画紹介。
インドの映画と言えば、ファンの方なら様々なスターや作品を思い浮かべるでしょうが、
そこまで詳しくない私としては衝撃的な作品として「きっとうまくいく」を紹介しようと思いました。

踊るマハラジャが一大ブームを巻き起こしたのも懐かしい現在。最近ではミリオネアがちょっと話題になったかなって感じですよね。

まず、この映画で一番驚いたのは「さわやか」な雰囲気をまとっている事。なんとなくインド映画のイメージが変わりました。もともと、ミュージカルが大好きなので、インド映画のミュージカルシーンは大歓迎な私でしたが、映画の内容はきつい物があり、逆にハリウッドでは作れないだろう雰囲気をまとっている作品が多く見受けられました。つまり、当たりはずれが凄まじいって感じでした。しかも、長い!3時間はデフォルト。

現在、世界で一番映画を作っているのはインド。ハリウッドもかなわないほどの数を制作していますね。
以前、TVでインドの撮影スタジオを取材しているのを見たことありますが、日本の住宅街のセットもあり、その規模は小さな町丸ごとって規模で驚いた記憶があります。

では、紹介したい映画「きっとうまくいく」の話。

主役の俳優さん「アーミル・カーン」。インドでは彼以上の天才はいないと言われているようです。
確かにそうかもしれないと思いました。

この映画は、優秀な大学に入学したての3人の友情とドタバタ・10年後の様子が同時進行していいく内容となっています。ます初めに言っとくのは、3時間がアッと言う間に過ぎ去ります。だから、めんどくさがる必要はありません。

と言いながら、私は、ぶつぶつ文句言いながら始め見ていました。問題児の主人公の行動が幼く見えてしまって、
シャレにならない!だとか、日本でも同じ問題があるのだがクローズアップされてたのはちょい昔だったな、とか。
所が、だんだん集中して虜になっていました。

インド映画には鉄則があります。ナヴァ・ラサで作られます。マサラムービーと呼ばれる所以です。

映画でのナヴァ・ラサとは……
・シュリンガーラ (恋心)・ハースヤ (笑い)・カルナ (悲しみ)・ラウドラ (怒り)・ヴィーラ (勇猛)・バヤーナカ (恐怖)・ビーバッサ (嫌悪)・アドブタ (驚き)・シャーンタ (平安)
が入っているって事なんだそうです。

舞踊の世界もそうで、インドの舞踊「バラタナティヤム」では、ナヴァ・ラサを表現できる事が必須条件となっていますね。

「きっとうまくいく」では、この複雑なナヴァ・ラサ要素が見事に物語に融合されています。また、張った伏線も見事に回収されます。そして、ラストシーンの気持ちいい事ったらありません。音楽も最高です。

主人公の大学での態度や先輩のいたずらなんかに幼さを見てしまうシーンも、よくよく考えれば、大きな問題提起を映し出す明かりとなっていたんだと、見終わってしばらく考えて理解しました。
私の脳も固くなっているのだろうかとすら、思いましたね。

映画を見て謎も残りました。ストーリーではなくインドの習慣の事で。

インド映画には、つらくなるような貧困が描かれる事が多いのですが、この映画でもありました。そこで、結婚できないってセリフの中で、「相手(旦那)が車を要求している」って理由が出てきたのですが、愛しあう二人が結婚するって感じじゃないみたいな印象を受けました。

もちろん、女性側が車を買うお金が無いって事なんでようけど、風習として貢ものが必要なら、要求する男性側も他の物に出来ないのか?とか、愛し合ってる訳じゃないの?とか、結構「?」な思いがしました。男性側が親戚や両親の為に、結婚の時、ある程度の物を要求するのかな?とか。うーん。さらに、女性側も、このままでは結婚できないと悲しむものの、受け入れている所とか。何かの常識が日本とは違うのねって感じでした。

また、カースト制度が色濃く残っているインド社会です。映画スターになれてる人なんか、わりと上のほうのカーストに属しているはずなんですが、この映画ではカースト制度を批判しています。

アーミル・カーン(主人公の俳優)は、貧困問題に精力的に取り組んでいる有名な人で、アメリカのヒラリークリントンやほかの政治家が、この人に会いにインドに行くほど(政治利用されちゃってる?いや、関係なく素敵な人なので話してみたかっただけかもしれません)有名で、影響のある100人にも入ってる凄い人なんです。

彼の出てる映画は、面白いですね。プロデューサーでもあります。
なにより、大学生の役だった訳ですが、50歳超えてるとか(;´・ω・)
それが、大学生に見えるんだよ!凄すぎる(真ん中)。

in01

彼は、役柄でマッチョからガリまで体型を変える事でも知られている俳優です。

語りつくせないのですが、この映画をぜひ!おすすめします。こんな日記書いてたらまた見たくなってきました。見るとしよう(;´・ω・)サントラもグッドですよ。


top1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。