現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# 2017年 謹賀新年

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

20170101

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

# 高野山に行って来ました

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 少し前、高野山に行ってきました。前回行った時より少し静かな感じ。

だって、朝は台風かと思う暴風雨でしたから(汗)しかし、天気予報を信じて出かけました。朝の9時には小雨、昼には晴れる予報でしたから。

 

 到着しても傘が手放せない感じではありました。ですが暴風雨ではありませんでした。

 

 今回は、奥の院と金剛峰寺(基本)と壇上伽藍のいろいろ、霊宝館、刈萱堂、徳川霊台、女人堂、波切り不動・南院、丹生都比売神社と行きました。前とはコースが違います。丹生都比売神社以外はその気になれば歩いて移動出来なくもない距離ですが、高野山の中って路線バスがひっきりなしだから、街中の電車感覚(一駅とか二駅とか)で移動も出来ます。しかし、車で行ってたので駐車場との戦いでした。奥の院で駐めれたら、そこから路線バスで移動するのも気楽でいいかも。特に、徳川霊台は駐車場とか無いので。女人堂も数台くらい。幸い、駐めれました。


 前に行った時より、少し変わっていたのは奥の院の地下。大変な神聖な場所で、写真は当然ながら、私語も慎む所なのに、団体の添乗員が喋る声が聞こえる聞こえる。しかも、照明も明々としていました。あれ?方針が変わったの?


 以前は、外国の観光客の人も日本の観光客の人も、雰囲気の凄さと神聖で歴史ある事を知っている知識から、奥の院だけは静かに、でもしっかり目に焼き付けるって感じでした。


 まぁ、「たまたま」だったのかな。


 世界遺産を中心でもいいですが、高野山に行った時は霊宝館を訪れる事をおすすめします。


 今は真田丸の物もありました。刀とかもありました。これ、実際に戦で人を切ったんだと思うと凄みがありました。しかし、目玉は仏像と曼荼羅などの美術。凄いのばかり。しかも、ガラス越しじゃないんですよね。直視です。学生さんも、ノートでメモ取りならが見て回ってましたよ。


 ところで、霊宝館は御朱印いただけるんですよ。知らない人が多いですが。

だから、チケット買える所で御朱印をお願いするともらえます。


 高野山のいろいろは、現逃の日々の高野山カテゴリーにまとめてあります。


 それにしても、まだまだ行ってない見どころもある高野山です。

紅葉がきれいな所でもあります。


 世界遺産の雰囲気っていいですよね。


 では、また。

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

# Num Lock (ナムロック)の悲劇

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg
 Num Lockを便利に使っている人も多いでしょうが、
意外なトラブルに見舞われました。

 

 先日、突然Num Lockがオンの状態になってました。ノートPCでの話。
ま~、よくある事なんですよね。たぶん。何か弾みでオンにしたのでしょう。

 

 はい、解除解除っと。……出来ない……あれ??

 

 はい。長い事PC使ってます。時には、レジストリをもいじってトラブルを直した事も。OSの再インストールなんてお手の物。直ぐに故障と思わず、システムを調べたり直近にインストール&アップデートしたソフト関連が原因なら突き詰めて対処したり。

 

 なのに……Num Lockが解除出来ない……だと?

20161002

 

 Num Lockは、テンキーが無いキーボードでjキーが1なんて感じで、
一時的にテンキー入力が出来る機能です。

 

 キーボードがおかしい時は、この機能がオンになっていたりする事もあります。さらには、日本語ではなく英語キーボードとして突然認識されたりする事もありますし、物理的にホコリで接触不良とか壊れてるとか、考えられますよね。

 

 今回のトラブルは、明らかにNum Lockがオンになってる状態。英語キーボードで認識されてるって事は無いです。@で確認出来ます。@が日本語と英語のキーボードで違うので、分かりやすい確認方法です。

 

 通常、functionキーとの同時押しで解除&設定出来るはず。

 なのに、一向にきかない。

 

 以前、全角半角が暴走するってバグに遭遇した事がありました。その時は、インストールしたソフトが原因と、キーボードの電池が切れると言うおそろしい稀なタイミングに遭遇したため、ドライバーが壊れるって激レアなトラブルでした。

 

 その時は、ドライバーのアンインストールと再インストールで治ったのです。

 

 今回は、Num Lockがオンの状態が解除出来ない。しかも、突然!どんな操作も受け付けてくれません。

 

 ドライバー、ダメでした。再起動、ダメでした。function同時押し、ダメでした。シフトでどーだ!ダメでした。

 

 もう、お手上げです。ググるにもキーボードが変なので入力がスクリーンキーボードで。いらいら。すまふぉ様タブレット様は、こんな時に限って遠くに(faraway!)。動きたくなかった。

 

 なんとか調べた結果、Windows10のタッチキーボードではなく、アクセサリーにあるスクリーンキーボード(昔からある方)で、Num Lockがオンになってる場合、キーボードからの入力では解除できないかもしれないって情報。この時、レジストリを書き換えてもダメ

 

 見てみると、確かにオンになってた。ってか、まだこの機能あったの?って感じもします。だって、タッチキーボードでも、フルキーボード表示にも出来るし。
って、そもそも、触ってもないのになぜオンに?バグだな、フッ!

 

 解除して、再起動しました。

 

 わーい、解除……されてない!

20161003

 

 ええ?スクリーンキーボードを確認すると、解除されてる。

 ちょ、本格的に分からなくなってきた。まさか、壊れたのか?

 

 メーカーのドライバーがちゃんとWindows10のアニバーサリーに対応しているのか?とか散々調べて確認して。

 

 あきらめかけた。仕方がないからUSBで接続するキーボードを引っ張り出して来て一時的にもそちらを使おうと接続。こっちは、ちゃんと日本語キーボードとして問題ない。全角半角もちゃんと暴走もしないし。

 

 と、その時……何気に試したのです。Num Lock解除を。

 

 あっさり、あっさりです。あ・ま・り・に・も!あっさりです。

 

 Num Lock解除!

 

 何だったんだ?普通にノートのキーボードも通常に!

 では、スクリーンキーボードのNum Lockが勝手にオンになってたのは、
一体、何だったのでしょうか!

 

 って事が数日前ありました。

 今回のブログはNum Lockの悲劇でした。

 

まとめ。

 

 キーボードがおかしい時は、@で英語キーボードになってるか確認。

 

 全角半角が暴走するのは、ドライバー再インストールね。

 

 Num Lockがオンの時、スクリーンキーボードを確認。

 

 治らない時は、別のキーボードを接続して解除。

 

 う~ん、Bluetooth接続のキーボードで大丈夫か?は分からない。

 キーボードが余ってるので問題無かったけど、もし無い人ならどうするのかは不明のまま。

 

 ただ、新たに別キーボードでしか治らないって情報はググっても見当たらななかったので、レアなケースなのかも。

 

 では、また。

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

# TVが空中浮遊

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg
先日の日曜に、一つの部屋の模様替えをしました。家具を動かすだけではありません。DIYってやつです。

結果:大成功&超楽しい!

なんと、素人ながら窓(大きい)に柱を追加(横)し、TVを壁付けしました。

イメージイラストを作ってみました。↓↓

160830

 

イラストと実際は少し違いますが(絵は苦手)、おおよそこんな感じ。

柱に使う木は、ツーバイフォー??って言うのかな?木をホムセンで買ってきて、
ウォールシールで、綺麗に化粧。

配線も一切見えないようにし、TVが空中浮遊しているように出来ました。
素人でも出来るんだと感動しました。

かかった時間は、丸々一日。しかし、楽しかった。なんか、DIYに目覚めそう。
後、便利な工具もそろっていたので、出来たんです。ノコギリじゃなく、振動で切断したり出来る超便利な道具が。むかし、通販で買っていた!←何故?

スピーカーなども壁付け。ブルレイなども綺麗に設置。

その為、ケーブル類は長いのを新たに買いました。

TVを壁付けする金具などは、規格が統一されているらしく、いろんな種類売ってます。今回は50型のテレビなので、重さとサイズで選んだ金具を買いました。メーカー純正のは使いませんでした。

DIYにハマってる人の気持ちがよくわかりました。楽しいし、出来上がりも超綺麗。
今までホームセンターの木材のコーナーとか気にもしなかったけど、いろいろ売っていて感動しました。釘なんかも、素人でも間違えないように説明してくれてたし。

今後、既成品もいいけど作りたいと思ってしまうかも。超わがままなサイズで作れますもん。完全オーダーメイドは魅力ですね。

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

# さすがに暑いので……

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

なかなかの暑さ。いや、夏なんだから当然なんだけどね。暑くなり始めるのが早いよね。だから、奥の院めぐりなんかも少しお休み。

うるう年の申年、逆打ちの年なので「八十八ヶ所霊場」「別格二十霊場」を回っておりました(ほんとは、打つと言います)。

そちらは、素早く終わりました。なんせ、前回の千二百年記念の時の記憶もまだ鮮やかですから。逆打ちだと道が反対なので「アッ見覚えある、間違いない!」ってのが、道を間違えるきっかけになってしまう所もありましたが、カーナビ様の案内通りでテキパキ行けました。

各寺院の奥の院は、ゆっくりですが行ってます。こちらは、いつ満願出来るのか?わからないって感じなんです。そもそも、終わりがあるのか?とすら思いますが。
少なくとも、奥の院の納経帳を埋めたいとの欲望があります(汗)。
しかし、納経帳や参考本に載ってない所なんかも行ってます。ですから、納経帳の後ろの余白ページがどんどん埋まっていきます(汗)ま、本来、その為に余分なページを作ってくれているが普通なんですけどね。

奥の院は、普通のお寺も多いですが、登山必須の所もチラホラありますので、気軽に人にすすめられない所もあるのですが、簡単に行ける所も多く、札所近くにあるのなら、是非にも寄ってお参りすれば楽しいと思います。奥の院は、お寺だけどは限らないのです。神社も結構あるんです。

ホームページにもまとめていこうと思っています。また、車で行けるよ!って情報もまとめようと思っています。だってね、検索して情報探しても、歩き遍路の人ばっかりだと思いませんか?特に奥の院は。札所はいいんですよ。情報があふれています。

しかし、奥の院となると「歩き遍路」の情報ばかり。結局、地図で事前に確認し、カーナビで出ない所はマニュアル入力で設定し、念のため、スマフォのカーナにアプリにも設定(目的地近くのランドマークとか)して、行きましたし、これからも行きます。

さて、久しぶりの日記は遍路の事ばかりになりました。

記念のお御影札で作るうるう年散華と梵字も完成しました。前回の赤のお御影札より、今回の方がなんだか凝ってて良いですね。

gyakuuti

↑108寺院(88+20)回って完成する5つの(別格1枚88寺院4枚)うるう年申年記念の物。専用台紙は、お寺でしか売ってません。

通常のお御影札(白)や記念のお御影札(赤とか)だと、巨大になりますが、今回のは凝ってて、それほど大きくないけど珍しい作りです。飾ると綺麗!ありがたいですね。

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg