現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# うっかりRealtek HD オーディオマネージャ

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 昨年末、window10の大型アップグレード時。久しぶりにクリーンインストールにてアップグレードしました。その時、うっかりRealtek HD オーディオドライバをインストールする事を忘れていました。ま、windowの標準ドライバでも問題ないんですが。


 Realtek HD オーディオマネージャには、エフェクトが豊富なんですよ。PCに音楽ファイルなんて時代ではありません。私も、クラウドサービスを利用しています。


 昔なら、再生プレイヤーにイコライザーやエフェクトなどが豊富に用意されていましたので、特にRealtek HD オーディオマネージャを気にする事も無かった。今の時代になり、便利に使えます。それまでは、チップメーカーのドライバの機能をよりカスタマイズするソフトって感じで、音が鳴ればよいって人なら気にする必要も無かったと思います。これは、サウンドドライバーなので、window全体の音に対して利用できます。また、多くのPCに初めから入っている物です。


 エフェクトは環境って所で設定できますが、他にも、音声除去やピッチシフトにイコライザやラウドネス等化やヘッドホンバーチャル化などがあり、他の設定も出来ます。


 環境で気に入っているお気に入りは、ちょっと歌のアレな歌手(テーマソングとか歌ってる)曲とか、ストリーミングで音質が悪いとかの時、素晴らしくごまかして聞こえたりするエフェクトがあります。


 もちろん、普通の曲や様々な音源も素晴らしく聞こえるので気に入っています。

 

 また、モニター付属の小さなスピーカーなどでも最大限能力を出してもらうようなエフェクトやイコライザーを設定する事も出来ますので、気に入っています。


 そのエフェクトですが、お気に入りは「駐車場」です。そう、駐車場で音楽が鳴ってるような感じのエフェクトです。とても気に入っています。


 その魔法のかかり具合が絶妙なんです。ミュージカルでも「お風呂で歌えばだれでもシンガー(コーラスライン)」なんて歌がありますが、そんなエフェクトなんです。


 エフェクトの種類には、浴槽もあるんですが駐車場がいい。沢山の種類があるので気にしてなかった人は、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょう。


 で、気になった事が一つ。


 Realtek HD オーディオマネージャの設定画面は、タスクバーのアイコンから呼び出せたんですが、最近のバージョンではタスクバーに出なくなっています。それで、たくさんの質問なんかがネットにありますね。


 タスクバーから出ないので古いバージョンをインストールしましょうとか、無くなったので前のバージョンをインストールしましょうって情報もありますが……。



 前は、タスクバーアイコンから分かりやすい設定画面が呼び出せたのです。
部屋を模した絵にスピーカーが描かれていたり、エフェクトもコンサートホールとか浴槽とか洞窟とか沢山のエフェクトがイラスト付きだった。


 確かに、非常に分かりやすかった。何より呼び出し方ね。


 今は、Windowsのスピーカーアイコンから呼び出せます。しかし、Windowsの再生デバイスのプロパティから設定出来るのでイラスト軍団はなくなりましたし、タスクバーに常時存在しません。


 これは、すっきりしましたね。


 でも、機能自体が無くなったわけではありません。


 タスクのスピーカーアイコン右クリックから再生デバイスへ。スピーカーのアイコンクリックでプロパティへ。後は見ればわかります。見てわからない人は、PCでこの設定を気にする人では無いと思います。


 ミキサーをいろいろする人も、必ずこのサウンド設定を見ているはずですしね。ああ、ここに移ったんだ!ってなると思います。


 より、windowに浸透したみたいな印象を受けますね。


topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg
スポンサーサイト

# 2018年元旦

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

20180101nenngakerokero.jpg


topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg
続きを読む »

# W10 Fall Creators Update

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 


 fall creators updateにしました。


 スティックPCやタブは様子見ですけどね。デスクとかノートは問題なく出来ました。ちょっと軽くなってる気がします。確実に軽いOSになって行ってるきがしますね。


 なんでも、今回のアップでスマフォとかによく使われてるモバイル向けCPUにもインストール出来るようになったのだとか。今使ってるスマフォはオクタコア。ここまで来たらWindowsとか余裕じゃね……とか思っていたので「やはり」感が。


 今まではモバイル用のWindowsでWindowsphoneだったけど、fullのOSがインストール出来るようになったんですね。ちょっと興味ある。


 今回のアップデートで誤算があったと言ったら、今使って書いてるopen live writer。live writerファンとしては、マイクロソフト公式が無くなってダウンロードすら出来ない状態に今年の1月になっていた事。


 一瞬焦りました。調べてみるとopenと名前が前に付き、stoaに配信されているとの事。ま~、書かれてる評価を気にしつつも( ゚Д゚)ダウンロード。今使っているわけなのだが……特に変わってない?


 stoa経由になったから、アップデートがしやすいし、openになった為に有志による便利機能追加とか……全然無いみたいね。日本語無いし。前の無印live writerがよかったなぁ~と思わない事もないけど、消滅しなかっただけ良しと。


 open故に中を分析した人のブログによると、様々な言語は入ってるとの事。もちろん、日本語も。ただ、使えないだけだって。英語でも良いんだけども、日本語バージョンをずっと使って来たから、日本語がいいな~と思う次第です。


 誰か、ローカライズしてくれたらいいな~。主なブログサイトのプロフィールとか。例えば、FC2だとカテゴリが反映されないとか。


 何はともあれ、fall creators update快調です(今の所)。


topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 

# 久しぶりに映画の話

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 

 近年、トム・ハンクスが連続して映画に出ている印象がありますね。そんな連発している中で「王様のためのホログラム」を見ました。

 

 映画を深読みして見る事をしないように心がけてます。
なになにの比喩だなとか、あれを批判してるんだなとか。考えないように。単純にストーリーを楽しむ。少なくとも初見は。でも、多くの人は、メッセージに気づいてしまうと「そう言う目」で見てしまうと思う。だからと、大した問題でもないのですが……。

 

 王様のためのホログラム。全くメッセージに気づく事もなく最後まで見れました。で、面白いのか?と言えば「全く」です。ふ~んって感じ。

 

 でも、原作者はピューリッツァー賞、全米図書賞ノミネート経験も持っている人で「かいじゅうたちのいるところ」の原作者でもある。え?……はてと。

 

 トム・ハンクスが原作を読んで猛烈に気に入り、出演を強く望んだ役。

 

 私が、あんまりボケ~~っと見てしまったんだろうか。

 

 少し思い出しながら考えていると「あ、そう言う事か!」と納得しました。

 

 すると、背中のコブや最後の海の鮮やかさ、タクシーの運転手や女医さんとの出会いと、ビジネスの運びが合致しました。で、結論として……

 

上手い!

 

 と、私の中でのおもしろ具合が変わってしまいました。

配信やレンタル&販売では、まだ新作なので、詳しい内容は割愛しますが、なるほど!トム・ハンクスはいい映画に出るな~いつもって思ってしまいました。

 

 ともあれ、良い映画でした。みた直後は別の意見だったけど(汗)

 

ホログラム自体は、重要ではありませんね。あと、主人公の過去。工場を中国に移したらコピー品を安く大量に作られたって部分も。主人公が転落する原因として描かれた設定なので他でもよかったと思いますが、ちょっと言いたかったのかな(汗)日本でもよく言われるけど、アメリカも同じなのね。

 

 本質は、他の部分全体。映像も、砂漠ってのもラストとの対比がわかりやすい。しかし、設定ではなく全体の流れの中にメッセージがあるので、初め気づかなかったよ。いや、ボケ~っとしすぎるのも駄目ですね~。


topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

# 続・VR映画館vsプロジェクターvs大画面TV

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 

 前回の続きで「お家映画館」の話です。

 

 なんやかんや、プロジェクターが最強って話を書きましたが、ここに来てVRが侮れない事に。

 

 今までも、ヘッドアップディスプレイは古くからありました。VRを映画館として楽しむって事は、VRってよりヘッドアップディスプレイとして利用するって事になりますね。

 

 今までのヘッドアップディスプレイもVRで映画館も共通する難点がありました。それは、体感する画面の大きさです。

 

 体感として、120型130型とか2m離れた所から80型をみる感覚って説明がなされています。しかし、どう見ても小さい画面をレンズで見ている感じが拭えません。だから、きれいに見えるけど映画館ってより普通のTV感覚です。

 

 それじゃ、お家映画館じゃなくモニターですよね。

 

 スマフォVRも同じです。

 

 しかし……。今年に入り見つけてしまった。凄いアプリを。

 

 そのアプリで映像をみると、小さい画面をレンズで見ていると自分に言い聞かせても、どうしても大画面に見える凄いアプリでした。今や、そこそこ立派な物が500~数千円。ダンボールにいたっては100均で買えます。ダンボールはレンズの前後左右のピント合わせが出来ませんが……。

 

 スマフォVRが話題になり、ダンボールやプラスチック製の物を買ったけど使わなくなった人も多いと思いますが、進化してます。

 

 映画館アプリは、ほんとにたくさんあります。映像だけ、映画館にいるようなタイプなど、沢山あります。

 

 出始め、片っ端から試しました。試した事ある人ならわかると思いますが、600円ほどのアプリが結局よかった。しかしです。

 

 あるアプリを見つけました。いつの間にやらリリースされてました。前はなかったので、少なくとも先発組ではないようです。

 

 そのアプリで動画を見ると、巨大な画面です。

 

 昔の動画の4:3ならともかく、今は16:9で映画は更に横長です。
この横長の画面をVRで見せるのは大変です。上下がスカスカ。その部分に客席や照明を表示しているタイプがほとんど。だから、どのアプリも違いが少なく、結局、画面だけ表示するタイプに落ち着きます。

 

 これはしかたがない、限界なんだと思っていた所、裏技に近い表示方法をしているアプリがありました。200円程度の有料アプリです。

 

 初めは無料ので試し、有料にしました。無料のはコーデックが少なく、有料のはコーデックがたくさん入っていて、YouTubeなどにもアクセスできるだけでなく、映画に特化したモードも選べるようになります。

 

 なぜ?巨大画面に見えるのか?他のアプリと何が違うのか?初めは分かりませんでした。画面を見つめる事数分。分かりました。なるほど!!

 

 VRは右目と左目に同期した映像や3D映像を表示しています。2D動画を見るって事は、右目と左目が完全に同期した映像が映っています。

 そこに、しかけがありました。

 

 すごい!

 

 しかし、凄い計算が必要なのでしょう。バッテリーの減りは断トツです(汗)
それに、クワッドコア世代のスマフォじゃきつそう。オクタコアで発熱対策が少し進んだ世代のスマフォからなら大丈夫だと思います。Xperia Z5では余裕でたのしめましたから。

 

 PSVRの体感画面が、226インチ相当の画面から163インチ117インチとシアターモードが選べます。こちらも凄いです。

 

 で、今すぐにおすすめできるVRはスマフォVRって事になりますが、
使用アプリによって凄い違いがあり、数も多い。

 

 今回感動したアプリは、vu cinema-vr 3d vid~~の有料版です。
そして入れておきたいサブとして、cmoar vr cine~の有料版です。

 

 有料版でないと、かなりの機能制限がかかっていますので。

 

 自分的には、VRする時は、ブルーライトカットのアプリも使っていますし、光度も落としています。あまり落とすときれいに見えないのですが、かなり落としてます。すると、目の疲れはかなり違います。ただ、VRに向かない人もいるだろうなって想像出来ます。

 

 VRもなれてくるんですけど。あと、映画館するなら画面を固定出来るので、固定したほうがいいと思います。

 

 まだまだ発展して行きそうなvrなので、期待しています。

 しかし、今の所、お家映画館ならプロジェクターが手軽かな~とは思います。

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。