現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# VR映画館vsプロジェクターvs大画面TV

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 

 お家映画館。

 

 昔からあります。それこそレーザーディスクやVHSなどの時代から。様々なホームシアター家電がありました。フィルムの時代もあったかも知れないけど、家庭で撮影した映像中心だから、映画やコンサートってわけではないのでホームシアターでは無いかな。

 

 さて、そこでポイントは「大画面」「音」。設置の複雑さや難度などは、家でホームシアター作る!って思う人達にとって、楽しい作業なので特に問題ではない。

 

 プロジェクターが絶対的な素晴らしさを誇ってます。私も、プロジェクターを利用しています。ですが、ここ数年のVRが手軽さや品質によりアリかもと。

 

 プロジェクターで映画をみようって思った時、やはり部屋を暗くするとかファンの音が嫌だからヘッドホンでってなる。

 すると、そこまでして楽しみにしてる作品?と考えてしまい普通のTVで見る。だんだん使わないって時期があったり。ルーメンが弱いプロジェクターはファンの音が小さいから手軽かもしれませんが、それだと暗い映像になりがち。それに、TVも大画面なので「これでいい」となってしまい、ホコリ被る。

 

 なぜ、ルーメンが大きな方が良いかと言えば、せっかくプロジェクターを使うのですから、たかが80インチ付近の大きさに投影するのは馬鹿らしい。もちろん、プレゼンや大人数での利用の話ではないので。あくまで、大画面大迫力で映画やコンサートを楽しみたいって話なので。

 

 映像が1番くっきり(利用するスクリーンや壁紙によって違う)映る所で利用する人が多いかもしれませんが、今の大画面TV、この前のニュースでは50型の4Kが10万しない世の中。くっきり高画質の大画面があるにもかかわらず、よっこいしょって一手間かけてプロジェクターを利用するのに、たかが80インチの大きさに投影するなんて。馬鹿らしい。そう思いませんか?

 

 私は、壁一面投影。インチも100以上で投影するのがおすすめ。130インチとかで普通だと思っています。プロジェクターは、本体からスクリーンまでの距離で画面の大きさが決まります。最近は、短い距離で焦点があうタイプが多いですが、しっかり距離離して、壁一面に投影するタイプも沢山あります。

 

 スクリーンと自分の間にプロジェクター本体があるのはちょっと嫌。大画面にしようとすると、スクリーンとソファーの間に電源コードやらがある。なにより、プロジェクター本体がある。

 

 スマートじゃない!そのタイプなら天井に設置!

 

 最近は、壁に置くだけの超短焦点や、光源にレーザーを使ってる物も出てきているので、話は変わってくると思いますが、普通のプロジェクターでは……です。

 

 さて、VRに話を。ヘッドアップディスプレイとしての商品は昔からあります。

もちろん、ホームシアター用として販売されていました。私も買った事あります。

 

 VR、熱いですよね今。そのVRの話ではなく映画など楽しむために使うって話です。その話は次回につづく。悪くないと思えるアプリを見つけて驚きの大画面を体験出来た話へとつづく。

 

   現逃の日々。

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。