現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# きっとうまくいく

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

久しぶりの映画紹介。
インドの映画と言えば、ファンの方なら様々なスターや作品を思い浮かべるでしょうが、
そこまで詳しくない私としては衝撃的な作品として「きっとうまくいく」を紹介しようと思いました。

踊るマハラジャが一大ブームを巻き起こしたのも懐かしい現在。最近ではミリオネアがちょっと話題になったかなって感じですよね。

まず、この映画で一番驚いたのは「さわやか」な雰囲気をまとっている事。なんとなくインド映画のイメージが変わりました。もともと、ミュージカルが大好きなので、インド映画のミュージカルシーンは大歓迎な私でしたが、映画の内容はきつい物があり、逆にハリウッドでは作れないだろう雰囲気をまとっている作品が多く見受けられました。つまり、当たりはずれが凄まじいって感じでした。しかも、長い!3時間はデフォルト。

現在、世界で一番映画を作っているのはインド。ハリウッドもかなわないほどの数を制作していますね。
以前、TVでインドの撮影スタジオを取材しているのを見たことありますが、日本の住宅街のセットもあり、その規模は小さな町丸ごとって規模で驚いた記憶があります。

では、紹介したい映画「きっとうまくいく」の話。

主役の俳優さん「アーミル・カーン」。インドでは彼以上の天才はいないと言われているようです。
確かにそうかもしれないと思いました。

この映画は、優秀な大学に入学したての3人の友情とドタバタ・10年後の様子が同時進行していいく内容となっています。ます初めに言っとくのは、3時間がアッと言う間に過ぎ去ります。だから、めんどくさがる必要はありません。

と言いながら、私は、ぶつぶつ文句言いながら始め見ていました。問題児の主人公の行動が幼く見えてしまって、
シャレにならない!だとか、日本でも同じ問題があるのだがクローズアップされてたのはちょい昔だったな、とか。
所が、だんだん集中して虜になっていました。

インド映画には鉄則があります。ナヴァ・ラサで作られます。マサラムービーと呼ばれる所以です。

映画でのナヴァ・ラサとは……
・シュリンガーラ (恋心)・ハースヤ (笑い)・カルナ (悲しみ)・ラウドラ (怒り)・ヴィーラ (勇猛)・バヤーナカ (恐怖)・ビーバッサ (嫌悪)・アドブタ (驚き)・シャーンタ (平安)
が入っているって事なんだそうです。

舞踊の世界もそうで、インドの舞踊「バラタナティヤム」では、ナヴァ・ラサを表現できる事が必須条件となっていますね。

「きっとうまくいく」では、この複雑なナヴァ・ラサ要素が見事に物語に融合されています。また、張った伏線も見事に回収されます。そして、ラストシーンの気持ちいい事ったらありません。音楽も最高です。

主人公の大学での態度や先輩のいたずらなんかに幼さを見てしまうシーンも、よくよく考えれば、大きな問題提起を映し出す明かりとなっていたんだと、見終わってしばらく考えて理解しました。
私の脳も固くなっているのだろうかとすら、思いましたね。

映画を見て謎も残りました。ストーリーではなくインドの習慣の事で。

インド映画には、つらくなるような貧困が描かれる事が多いのですが、この映画でもありました。そこで、結婚できないってセリフの中で、「相手(旦那)が車を要求している」って理由が出てきたのですが、愛しあう二人が結婚するって感じじゃないみたいな印象を受けました。

もちろん、女性側が車を買うお金が無いって事なんでようけど、風習として貢ものが必要なら、要求する男性側も他の物に出来ないのか?とか、愛し合ってる訳じゃないの?とか、結構「?」な思いがしました。男性側が親戚や両親の為に、結婚の時、ある程度の物を要求するのかな?とか。うーん。さらに、女性側も、このままでは結婚できないと悲しむものの、受け入れている所とか。何かの常識が日本とは違うのねって感じでした。

また、カースト制度が色濃く残っているインド社会です。映画スターになれてる人なんか、わりと上のほうのカーストに属しているはずなんですが、この映画ではカースト制度を批判しています。

アーミル・カーン(主人公の俳優)は、貧困問題に精力的に取り組んでいる有名な人で、アメリカのヒラリークリントンやほかの政治家が、この人に会いにインドに行くほど(政治利用されちゃってる?いや、関係なく素敵な人なので話してみたかっただけかもしれません)有名で、影響のある100人にも入ってる凄い人なんです。

彼の出てる映画は、面白いですね。プロデューサーでもあります。
なにより、大学生の役だった訳ですが、50歳超えてるとか(;´・ω・)
それが、大学生に見えるんだよ!凄すぎる(真ん中)。

in01

彼は、役柄でマッチョからガリまで体型を変える事でも知られている俳優です。

語りつくせないのですが、この映画をぜひ!おすすめします。こんな日記書いてたらまた見たくなってきました。見るとしよう(;´・ω・)サントラもグッドですよ。


topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。