現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# いよいよ……なんて、ないと思うけどね……2012私的検証

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 

昨日のマヤ天文学をみてて、やっぱり面白いなーって、
思いました。

マヤの天文学が優秀なのは、昔から有名だし、
本も沢山出ています。

そこで、NHKが2012の世間の騒ぎを、どう放送するのかって、
変な期待も込めてみてました。

さすが、オカルト的で無かったので、ホッとしました。

で、なんとなく、その事を書いてみたいと思います。

こんな事より、もう、喋る内容が出来上がった動画日記を
先に作ってしまうほうが、能率的なんでしょうが、
いまいち、テンションが上がらないので、

私的な予定にさからい、日記を書いています。

一応、予告。ベテルギウスの事を題材にしました。
コズミックフロントでも、あったし、
いよいよタイムリーなので、今ねって思ったのでm(__)m
でも、そんなに深くは、しゃべってませんが。
う~ん、内容変えるかも知れないけど(^_^;)

では、本題。

数年前から、2012が、世界中で話題です。

あらゆる方向から来てますね。

私の記憶が正しければ、1999年の時、
すでに、2012年って数字は、出てました。

方向として、マヤ天文学ではなく、ノストラ様の方向だったと、
記憶しています。解釈の仕方や、計算で、

99年そのまま読むのではなく、当時のなんたらかんたらで、
計算すると、12年だって、事だったと思います。

私的には、2012年は、確かに、様々な偶然が重なっていますが、
一般的な終末論的な事は、無いと、普通に考えています。

ただ、2012を売りにしているビジネスが沢山あるので、
注意したらいいのになって、法外な値段で魂のレベル上げに必死な
人達に、話してあげたい。

私、その信者(っていっていいのかどうか)さんと、話しを、
1VS1でするなら、100%論破する自信があります。

さて、

2012って数字は、いろんな偶然が確かに重なるって言ったのは、

マヤ暦もそうだし、太陽活動もそうだし、他、沢山の国々に残っている
物も、そう。バナナの皮に書かれてるって有名なやつとかもね。

そう言っても、だれも、本気で信じていないでしょうが、
楽しむ事は、できますよね。

それに、数字関係なしに、災害は起こるものです。

マヤ暦のロングカレンダーが、2012年で終わっているって、
事も、2012の数字が流行るわけですが、

昨日、NHKでもその事に触れていました。

でも、研究者によって、2012じゃない数字だしてる人も、います。

そこも、触れて欲しかったですね、NHKなんだから。

民放では、何度も登場してる2012なだけに。違いを魅せつけて欲しかった。

マヤのロングカレンダーが、一つの区切りがあるのは、事実です。

それは、マヤが金星の動きを重要視していたってのが、あるかもですね。

マヤは、金星のみならず、あやゆる天体観測が素晴らしいので、
一概には言えませんが。

昨日も、ちょっとTwitterでつぶやいたのですが、

多くの文明では、戦いの神って言ったら火星です。

しかし、マヤでは、金星なんですよね。

火星が多くの文明で戦いの神になっている理由の一つとして、

見かけが、赤いって事が挙げられます。

赤い=血や炎 のイメージが湧くのと、大きな古代文明で、重要な戦い
に勝利した時、赤く輝いて目立っていたって、思います。
宗教的な色の解釈も、あるでしょう。

金星にしろ、火星にしろ、惑星ですから、目立つ星です。
恒星ではありませんが、やはり近いので、
その輝きは、肉眼ではっきり目立って、夜空にあります。

マヤでは、金星が戦争の星。侵略や近隣の国々との戦いで、
金星の動きを、重要視ていた。

何故、火星じゃなかったんだろうって、考えてみました。

マヤほどの天文学が発達した文明。火星の起動計算も、
しっかり、残っています。しかも、恐ろしく正確に。

 

私の勝手な想像で申し訳ないのですが、

 

マヤ文明は、太陽信仰の文明なので……。

また。他の文明でも、多く太陽信仰がありますので、珍しくないですよね。

王を表す石碑は、太陽と同じく赤い塗料で、装飾されている事から……。

つまり、赤い色は、戦いの色ってより、神聖なイメージ。

王のように、地位の高い色。権力などの色で、戦いに結び付けなかったのでは?

確か、マヤの王は、一般市民から、見てはいけないほど地位が高かったはず。
何かで、読みました。後ろ向き近寄ったほどだとか。


血は赤いですが、血を流すって事が、戦いって意味じゃなく、
赤い液体が、生き物の中に大量に流れている。
神の力の水って理解をしたのなら、血とは、神聖な物。
その血も、赤い。赤=神聖な色

そして、
現在でも、民族によって、色のイメージがじつに多様。

マヤが戦いの神を金星に選んだのにも、そんな事があったんじゃないでしょうか。

さらに、惑星なので、軌道が不思議に見えます。

これは、日本でもそうです。日本にも、古くから天文学的な物は、ありますからね。

そもそも、惑星は惑わす星なんですから。つまり、軌道が他の星とは、異なる。

現在では、当たり前。同じ太陽系の惑星なんですからね。

だから、金星が戦争の星となったんじゃ?それと、見える時間帯や、
地球からみて、金星と太陽の力を借りて戦いに挑むって事なのかも。
火星じゃ、それ、出来ないもんね。

さて、

これを、オカルトのフィルターを通すと、金星の古代文明とか、
すでに脱出した元金星人との交流ってなるパターンが多い。

それは、それで面白いし、ロマンあふれるのですが……

コンタクトを取れるので、メッセージで、なんたらで、
塾を開いたり、お金を法外にとったりと、ちょっと、笑えないです。

アセッションとかなんとかも。

精神的な進化、霊的な進化って、お金で買えるってのも、不思議だし、
ランダムが宇宙には存在するって事が、証明されてますので、

意図的に、2012に何か起こすとか、テロ予告のような物。

例えば、人類登場以前に、この太陽系にですら、文明があったって話しは、
私の中では、理解できます。

しかし、マヤ人達が、宇宙人から何かしらのメッセージで、
暦をつくったって話しは、短絡的だと思う。

彼らは、途方も無い観測データーから、正確な天体運動をしるし、
季節や、定期的な自然災害に備えたのでは、
ないでしょうか。

また、非科学的なフォトンベルトの話しや、太陽フレア、
小惑星の衝突や、霊的レベルアップ、ポールシフト、
ガンマ線バースト、

宇宙人の干渉など、大人気の2012です。

ま、少し、偶然が重なっているってのが、真実ではないでしょうか。

99年の時も、ノストラ様が流行り、その時も、マヤ文明が登場し、
いろいろ言ってました。

なかには、聖書の解釈も登場してたし、霊的な進化をとげた戦士が、
何人かいるとか言ってましたね。なつい。

やはり、直接的な被害はいやだけど、刺激がほしい人類なんでしょう。

今年の日本の災害ですが、彼らオカルト信者にとっては、
やっぱりだったって話しになっているようです。

今年の3月から12月位まで、なんらかの最後の時期だそうで、
3月に入ってから、何かあるって、騒いでいました。

さらに、太陽観測により、太陽の活動の周期がピークを迎えるのが、
2012。しかし、さらに大きな周期が最近になって発見され、

それは、外れそうですが、太陽の季節が変わるとき、
(太陽にも、季節があります)

なんらか、太陽フレアが発生しても、おかしくはないです。

ポールシフトが起こるって話も、なんら科学的根拠はなく、
いままで、何度もあったって話しですが、
そんなデーターは無い。

サイエンスエンターティナーが、擬似相関を使っていると思う。

嘘は言ってない、読み手が勝手に誤解するのは、関係ないって事だと。

確信犯やん。

マヤに関しては、最近の観測機器で発見した物とか、
今の天体の地図には無い星なども記されているとか、
そっちを追求する方が、凄く現実的でロマンです。

何か、巨大な物が、地球の近くを通り過ぎたりしたのかも。

世界中の神話や、古代文明の壁画など、総合的に見なくては、
難しいので、研究予算を取るのも、大変でしょうが。

なんにせよ、2012は、いろいろ話題に事欠かないかもね。

そうでなくても、大変なニュースが多い時ですからー。

しかし、私、オカルトを否定的な目で見ますが、

それでも、謎は沢山あるし、否定的ですが、嫌いじゃないって、
感じです。

電気が発明されたばかりの時、政治家にみせたら、
笑って馬鹿にされた。しかし、
あなた方は、20年後、この力に、税金をかけるでしょう

って、言ったそう。

飛行機が飛べないって事を、科学的に説明した人も、いたとか。

いやー、なんだか、かんだかです。

でも、嫌いじゃないとか言ったら、誤解されそうですが、
なんて言ったらいいのか……

ま、ありえない、おかしい、矛盾が多すぎるって世界で、
霊力とか、時間が狂うとかで逃げるのは、ズル。

でも、ガチガチの頭で、世の中を見てるって訳でもないって事で。

しかし、マヤ文明で失われた物が、もったいなすぎる。

スペインめー(^_^;)

記録を燃やすとか……もったいない。

残ってるのもあるけど、ほどんど、消失したんでしょ?

さらに、盗賊。

なにけずっとんねん(^_^;)

歴史的価値とか、かけらもかんがえなかったのか……

そこに、何がしるされてたのか……

もう、もったいない。

日本は、世界の遺跡保護に、沢山お金を使ってきました。

それは、素晴らしいですね。

まだまだ、沢山、ロマンがありますねー。

宇宙に関しては、永遠にロマンでしょうねー。

ビックリブのその日まで……なんてね。



topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg
スポンサーサイト

# iTunesと私と……

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg

 

この間のiTunesのアプデで、久しぶりにトラブル的な事に遭遇。

詳細を書く。

アップデートで普通に更新する時、

ライブラリーの構築をする時と、しない時がある。

今回、構築をするタイプだった。

勝手にタグを書き換えられるのが嫌なので、ネットから自動で習得とか、
アルバムアートを習得のチェックは外している。

必要な時に、チェックするに、していました。
そして、タグ情報にしたがってファイルの名前等の変更もしないようにしてた。
こちらも、必要な時に、チェックするに、していた。

なのに、今回、かってに再構築されてしまった。

その事の前に、iTunesの印象を。

初めてiTunesを使った時は、iPodを使った時。
動画はまだなく、白黒で20Gと、懐かしい時代。

あの時は、iPodの転送専用のプログラムだった。

なのに、認識する、しないのトラブルだらけだった。

それより前からiTunesは知ってたのですが、
ただのフリーMP3プレイヤー。誰も使ってなかった。

なぜかと言ったら、MP3にエンコするプログラムが、
あまりよくないから。

あきらかに音が悪かった。

だから、改造ってか、エンジンの追加を皆してた。
iTunesのエンコエンジンの変更の仕方なんて、
今でもググればヒットする(iTunes MP3 engine など)

その頃は、他のソフトやソニーのMP3プレーヤーとかの
付属のソフトは、高音質のエンジンが入っていたので、
そっちが人気だった。

それに、有料ソフトを皆が当たり前に買ってる時代だもんね。

そんなiTunesが急いでバージョンアップを繰り返し今に至る。

そんな歴史の中で、iPodを認識しないトラブルがよくあった。

私は、バージョンアップしないようにしていた。

ちゃんと認識するバージョンを保存してたくらいです。

10年位前の話しですかね~。もう、そんなに時間がたったのが怖い(^_^;)

 

そして、今回の勝手に構築トラブル。前からあった。

これ、なにが困るって、マジで困るんです。その理由を書きます。

今まで、勝手にされたり、されなかったりってありました。

どうやら、大きくプログラムが変わる時に、勝手に構築がされるみたいですね。

今回、変わりましたね。タスクにミニプレがでますからね。
これは、嬉しい変化ですが、やっとですね。Media Playerは、
はるか昔からある機能だから。

で、iTunesと名乗ったまったく新しいソフトになる時に、

このいらんお世話がある。

なぜ困るかっていったら、

元ファイルのフォルダ分けもぐちゃぐちゃになるから。

たぶん、困らない人もいるんだろうけどね。

また、コレが起こると、iPodの転送する時、全部やり直しでしょ?

だから、時間がかかるんだよね。

タクシーまたして、時間ギリギリの時に、たった一曲の転送に、
全部やり直しにぶちあたった事があった。

あれは、最悪。その一曲だけだから、一分かからないだろうって、
思って転送始めたのに。

なぜ困るのか、まだある。

私は、ミュージカルが好きなので、ミュージカルの取り込んだ音楽は、
実にたくさんあります。

ミュージカルのアルバムって、アーティストがいっぱいなんです。
だから、沢山のタグが勝手につけられ、ジャンルも様々に付けられる。

いらん事ですよ。

日記にもたまに書いた事のあるバーブラストライサンドさんを例にします。

自動で習得してくる彼女のジャンルは、ミュージカルからロックからポップスから、
バラバラです。

彼女は、ジュディー・ガーランドやドナサマーや数え切れない人と、
デュエットしてます。

私としては、バーブラストライサンドとして、フォルダに入ってるんです。

それを勝手に、バーブラストライサンド&ドナサマーのようなフォルダを作り、
勝手に移動させた上、前フォルダは残したまま。(勝手に消されないだけまし)

ミュージカルアルバムの時なんか、20人位のアーティストが入り乱れる時、
まさに、勝手にフォルダ作って、一曲づつ入ってたりします。

私は、それを直して、

【アーティスト】→【アルバム1】【アルバム2】……

って感じで、保存してるんです。

なのに、勝手に構築されると、一枚のアルバムがバラバラになるんです。

もちろん、iTunesからは、一枚のアルバムでまとめられてますが、

iTunes以外で開いた時に、目的の曲にたどり着けない自体になるんです。

バーブラストライサンドさんのフォルダには、

ミュージカルのサントラ、歌手としてのアルバムも入っています。

iTunesは、それをぐちゃぐちゃにしてくれちゃうんです。

どうにかなりませんかね。

もちろん、勝手に移動されないように、移動するチェックをはずしてます。

でも、アプデの時、たまに再構築してくれちゃってます。

その上、スペル間違ってたり、ジャンルもおかしかったりします。

どこのデータベース使ってるのか。

最悪です。

さまざまなアーティストとかって、なめてんのって感じですよ、ほんと。

だから、また直しました今回。

何回目かな。

あんまりタグを直したりしたくない。まったくムダな時間。

しかも、凄い曲数が多い。

一時間じゃ、終わらない。

ミュージカルスターに限らずです。オムニバスやサントラも同じ。

iTunesは、iTunes以外使いませんって感じで、
元データーいじるんです。

それ、しないように出来るんですが、アプデの時に、されちゃう。

もう、アプデ恐怖再びです。

でも、iPhoneとかiPodの為に使わなければならない。

泣き寝入りです。

皆、困らないのかな……気にしてないのかな……

気持ち悪くないのかな……

私は、それが便利だとは思わない。

どんどん「何もしなくていい、おまかせボタンすら自動」って感じ。

それは、進化(?)ですが他の会社のソフトも使ってるって事を、
まるで無視だもんね。

曲が多いから、ほんとに困るんですよねー。

物凄い時間かけて、作ってきたライブラリーだから、
一気に微調整しなくてはならないなんて、面倒です。

ジャンルだって、その人で変わったりしますよね。

ジャズかミュージカルかって、個人の違いであると思う。
ジャズミュージカルのアルバムとか。

サッチモはジャズですがバーブラがポップスで、アルバムがミュージカル
とか、いっぱいあるんですよね。

ま、ハロードーリの事なんですが、ミュージカルってジャンルだったり、
様々なアーティストだったり、ステージだったり映画音楽だったり、
舞台音楽だったり、サントラだったり……

どうなってんの?って感じ。

ミュージカルアルバムやろ、普通。

ま、サントラかミュージカルかって所で悩めるのですが、
それは、その人がその時決めて、取り込んでいるでしょ?

それを、ぐちゃぐちゃにしてくれるのが、困る。勝手に。

そんなのがいっぱい。

無傷なのも沢山ありますよ。

でも、Madonnaのフォルダからエビータとディックトレイシーは、
移動されてたよ。ばらばらに解体されてた。

あ、こっちの例えが分かりやすかったかな(^_^;)

こんな感じで、直していくのが面倒。

取り込んだ状態のフォルダをいじらないでって事。

その上、スペル間違われると、怒りすら起きる。

一気に治す一番楽な方法として、

iTunesでフォルダいじる許可にチェック入れて(フォルダーを整理ってやつ)

アルバムアーティストとジャンルを全部一気に消すって技(^_^;)

ま、それすら時間がかかる面倒くさい事だし、

ファイル書き換えみたいな感じで、エラーとか出て、音質さがるんじゃないかなって、
不安になったりする。ま、そんな事はないでしょうが……

アルバムアートだって、ネット上にないアルバムとか、

自分でスキャナーで取り込んで、貼りつけてるのもあるのに、

自動でされると、無いもんだから、ご丁寧に消してくれるんですよね。

いやはや……

しかし、今回のミニプレがタスクに入るって、当たり前にすら思える機能は、
よかったよ。でも確かiTunesの3とか4位の時、あったよね、この機能。

iTunesに望む事。

勝手にフォルダいじるな(アプデの時、いじってしまうのは、バグ?なのか??)

エンコソフトの音質の悪さを直せ

ってくらいでしょうか。

あと、オールインワンって言ってるけど、

製造のコストを下げてるだけだよね。だれもいわないけどね。
少し、疑問に感じる。

topgenntou01.jpg  topgenntou02.jpg