現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# 夏の陽炎の妖艶さ 

このページは、「現逃の日々」のウェブサイトの、日記のページです。
全体を表示するには、
現逃の日々←をクリック


謎の体調不良が・・・・・・

いや、原因はわかっている・・・・・・

何度もトライして、いつも断念する「コアリズム」のせいかもしれない・・・・。
げ、激痛が・・・・Wiiフィットくらいなら良いんだけど、

運動不足だから、いい汗かく習慣をつけようって、思ったのですが(;^ω^)
また、ほったらかしのコアリズム引っ張り出して来て、腰ふりまくり。

何年前に買ったかなんて、ぜんぜん覚えてないコアリズム。
いつになったら、基本編を卒業できるのか・・・・・。
基本編・・・・もう、完璧に覚えたわ・・・・振り。
でも、やるなら完璧にって、丁寧に無茶してしまう。急に、運動しすぎた(;^ω^)

と、しばらく、日記も書けないテンションでした。

そうだ、日記に書こうって「思いついた」事が、あったのですが、
すっかり忘れてしまった。

まさか、記憶力の低下かな・・・・ほんと、すっかり覚えてない。
何を、書くつもりだったのだろう・・・・か?

もう、夏の香りが日本中を覆い、暑い暑いの大合唱。
今年は、セミの声が少ないって、騒いでる人がいたのだが、

なるほど、言われてみれば、そんな感じもする、と、無責任な納得を覚えたのは、
流されやすい日本人の特徴なのか?
そんな自分に、少し、可笑しさを感じるのです。

日常で、疑問に思う事を、ネットで調べる。
この、当たり前の現状が、リアルを持って、私の生活に入り込んできたのは、
もう、随分昔。

おそらく、とんでもない百科事典を手軽に抱えた感動は、
一昔以上昔に置きっ放しのようだ。

自動化した社会システムの中で、ふと、陽炎のように浮かんでは消える「疑問」。
それを解決できるネット情報。

最近では、「ソースは?」と、情報の信憑性を確認することが、当たり前に必要な罠だが、
一昔以上前なら、「テレビでやってた」と、何の番組かを聞いていた。
信頼の高かったのは、某公共放送か。。。。。

世界中の事を、深く理解するなどと、一見、無駄な事と思える事でも、
時間をかけると、近づく事も、出来るだろうか・・・。

そもそも、深く理解なんて、曖昧な言葉に、何の説得力もない。
だたの、好奇心である。

私は、時々、ふと気になる事がある。
例えば、鶏の数え方を代表に、意外と「知ってるようで知らない事」って、
多いんですよね。

確か・・・だったかな?は、知らないと、同じである。
身についていない知識なのだから。
他の人に、無責任にも、曖昧な事を、伝えるわけにはいかない。

間違った「噂」になってしまう。

噂と言えばtwitter・・・。
企業が、目新しい宣伝方法に狂喜乱舞。twitterを使いこなす事が、
ネット社会に強い人材としてのアピールツールになっている気がする。

気軽に情報を発信するって感じの「つぶやき」は、利点もあるし、
人と人の距離が、随分と縮まった感じがする。

日本で、ほどんど流行っていない時、もう、何年前の話しか忘れてしまったのだが、
パレスチナ辺の話しだったと、思うのですが、
twitterで家族の安否の確認や、戦争地域の把握するのに、活躍していたとの、
ニュースがあった。

サーバーが国内に無い・・・・政府が管理出来ない。
そんな理由だったと思う。

おっと、話しがずれた。

日本語で、知ってて知らない事のひとつとして、
ふと、疑問に思った事が、あった。

将棋を指すの指すの意味が、不意に気になった。

だって、将棋を打つ、将棋を指す・・・・・?

どう違うのだろう。

将棋をあまり知らない私にとって、その疑問は、
今年のセミの鳴き声の量よりも、重要な疑問として、
私の前に立ちはだかり、どっかに行ってはくれないのだ。

私の当たり前が、他人の当たり前と違うように、
私の常識が、他人の常識とちがうように、
私にとって、「打つ」と「指す」は、暑い夏の陽炎となった。

はたして、その疑問を的確に答えられる人が、どれほどいるのだろうか?

世間では、そのくらい常識なのかもしれないが、
私には、分からない。

そういえば、将棋は代理戦争なんだよと、得意げに言った人を、思い出した。
私が、学生の時の話しである。

なるほど、そうかも知れないと感じた事を思い出す。

その辺にも、きっとヒントが隠れているのではないか?
などと、淡い期待に得意げになる私に、街を歩く人を、眺めては、
情報検索が出来ない時代は、考えられなくなってるなと、
感じたのです。

おそらく、5分とかからず、解決出来るだろう。

しかし、それが正しいと、何故解るのか。
などと、うっとしい疑いの目は、やめておこう。

何かにつけ、そんな疑惑の目で、世の中を眺めるのは、野暮ってもの。
つまらない人には、なりたくない。

しかしながら、

私が、この事を、得意げに他人に話し、間違っていたら。
私が、この事を、得意げに他人に話し、違う説が出てきたら。

少なからず、恥をかく事になるのだろうか?
なぜなら、

「確か・・・だったかな?は、知らないと、同じである。」

人は、皆、人生を「打ったり」「指したり」しているのですね。
初夏の早起きした日の日記「ケロケロ」のひとりごとでした。

「注:将棋の指すと打つの違いについては、日記に記さないでおきます。
しかし、なるほどと、思わせてくれる物がありました。
将棋の話題は、ひとつの比喩表現ですケロ。」






スポンサーサイト

# クールで知的な笑顔

このページは、「現逃の日々」のウェブサイトの、日記のページです。
全体を表示するには、
現逃の日々←をクリック

選挙も終わり、いろいろネットで調べたりしたら、結構「大胆」なご意見のブログを書いている人も、
沢山いるので、割と読み応えのある時期に、入ってます(;^ω^)

選挙に限らず、政治家がテレビに出演する事が、大変多い。
よく見ますよね。

時には、大した番組では無いと、思っていたのに、大物政治家が出演したりしていて、
へ~って、思う時も、ありますね。

どうしても、意見が合わない解説者もいるのですが、それは、視聴者それぞれでしょうね~。
さらに、私、はっきり嫌いな解説者がいます。

「だれやねん、あなたっ!」

って、おもっちゃう。

逆に、鋭い指摘に、関心出来る人もいます。


また、当たり障りのない事だけ言って、何の専門家?次の出演の為に、局のいいなりってのが、
なんとなく伝わってくる人も。

そうかと思えば、まったく気にしない人もいて、なんだか応援したくなるのですが、
その方の話しを聞いていたら、私の意見と、毎回かならず、いろんな事でズレを感じるので、
思わず、どうして、そのご意見にたどり着いたのか?と、問正したくなる人も。

皮肉ね~

さて、街頭演説などで、沢山の政治家の活動を見ていて、前からずっと気になっている事がある。

それは、笑顔です。

政治家の選挙の時、力強い笑顔を、沢山みますよね。

でも、笑顔って、突然は無理ですよね。普段からしてないと。

なんて、言ったらいいのか。。。。

そんな中で、偽物の作り笑顔ってのも、得意な人と不得意な人がいる事がわかります。

私が注目するのは、クール系の笑顔。
これ、選挙を控えた政治家だけじゃなく、普段から目がいきます。
男性も女性も。

例えば、その人がTV出てたとします。
お花畑で「この花、綺麗ですねー」って、笑顔で言ったとします。

すると、得意な人と不得意な人で、まったく印象が変わります。

下手な笑顔のタイプだと、

「TVだし仕事だし」的な事が、伝わってきます。

また、ほんとに笑ってる時なんかだと、何も考えてないように、感じます。
(それは、それでいいんですが、人前って緊張が無い。家族にみせる顔ですね)

上手な笑顔のタイプだと、

偽物の笑顔だなって、解るのに、好印象。
さらに、その花についての事を、わかっているんだ、この人って印象うけます。

この土と肥料と日照時間と季節と手入れがあって、今見頃ですねって、
答えられそう。

さらに、このタイプの人の特徴として、笑顔のまま、しゃべれるんですよね。
さらに、その上、微笑む事も出来る人が、多い。

しかし、それが、「よそ行きの笑顔」だと、解るのですが、納得出来る。

先程のほんとの笑顔よりも、好印象です。

これが得意な職業の方の印象は、フライトアテンダント(最近はそうでもない方多いが)や、
一部の政治家さん。大物女優さん、デザイナーさんなどなどが、思い浮かぶのですが、

街中にも、沢山います。

私は、この笑顔が出来るお医者さんは、安心します。
何故?って考えたら、人と人の適切な、いい距離感だと感じるからです。
親切・丁寧・いい人ですが、プライベートを重視し、適当に、あしらわれていない感じがする。
そして、それは「めんどくさく無い」そして、「あったかい」みたいな。

私も、条件反射のように、笑顔が出るのですが、
私の思う、クーススマイルが出来ているかな~って、思います。

この笑顔は、主に、他人とのコミュニケーション(ビジネス)の時に、効果をはっきすると思います。
家族や友人、恋人向きでは、ありません。逆効果になります。


この笑顔の技って、人生の経験値が、ある程度必要だとおもう。
客観的に自分を見つめる事が、大事だと思うから。

しかし、生まれつきってのも、あると思います。
ですが、おそらく、誰もが習得できるモノでもあると感じます。

この、大人の笑顔。政治家にとって、下手な人って、損ですよね~。
TVに出る人とかは、出来る事もスキルだと思うので、
出来ない人は、短命なんでしょう。演技とは別の時ね。

得体のしれない感じをうける「クーススマイル」
お高く止まっているようにみえる「クールスマイル」
知的にみえる「クールスマイル」

よく見たら、近所のコンビニのアルバイト君の中にも、いるかも知れない。
ファミレスのウエイトレスさんの中にも、いるかも知れない。

政治家さんは、下手な人が、多い多い多い。
そう感じます。

なのに、アメリカなどの海外(西欧)の政治家さんって、得意な人が、
多い多い多い。

私が感じる一例・・・・・・・・・・・

ヒ●リー・ク●ント●(政治家)・・・・・得意

●池●合子(政治家)・・・・・・・・・・得意

●野豪●(政治家)・・・・・・・・・・・・・・・得意


政党や政策の印象は抜きで、あくまで「クーススマイル」のみの、印象です。
沢山いますが、とりあえずこの三人を例にあげました。

謎の共通点があるように感じませんか?
おそらく、この三人の意見ががっちり合うって事は、まず無いと思うのですが。

逆に、不得意な人は、沢山居過ぎるので、書くの止めます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。