現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# 結願!88ヶ所の事と感想。

top1

お四国88ヶ所の四国霊場が1200記念の年だった2014年。
半年かけて打ち巡り(お遍路は打つと言います)ました。

なお、1200年記念は来年の5月までしています。

車遍路では、ゆっくりなスピードでした。現逃の日々のサイトには、
四国霊場のカテゴリを作りました。1寺1寺のページを作るのも面白かった。
すごくたくさんの人が参拝していました。

詳しい感想は、和歌山の高野山が終わってから作ろうと思っています。

ですが、今日の日記は軽く感想を書いてみようと思います。
またまた、サボった日記になってますけど(汗)


ところで、皆さんは自分の家の「神棚」や「仏壇」の事知ってますか?
さらりと知ってるだけで、深く考える事の無い人が世代によっては多いですよね。
本来なら、知っておく方が良いと思います。何か突然の事があったりすると、混乱しますよね。

また、家族などの節目の時など、神社とかに行きますよね。(七五三とか初詣)
本来なら、有名な所ばかりではなく家の「神棚」や「仏壇」に由来する
所に、まずは参拝するのが本来の筋だと思います。

自分も、あまり気にしないで生きていた時期もありました。しかし、お四国88を
巡っている(打っている)うちに、いろいろ自分の家の事を調べたりしました。
今では、お家は何派?と聞かれたら答えることが出来ます。なお、日本では、仏壇と神棚が両方あるのが普通なんです。この事は、現逃の日々の中のお四国の所にも、
少し書いてます。しかし、お引っ越しやマンションなどでは、その事が途絶えて知らない人も多いそうです。都市部に引っ越しした人なんかもそうですよね。しかし、ちゃんと調べると、分かるものです。それに「家紋」もあるはずです。

数珠なんかを仏具屋さんで買う時など、家紋を入れてくれたりしますよね。その時に、知らないと「入れなくていい」ってなると思います。知ってると家紋をいれてくれます。


さて、お四国88ヶ所ですが、キリスト教であろうと仏教でも無宗教でも何でも大丈夫なんです。だから、観光で回ってる人も多いんですよ。各お寺では、納経帳に記帳してもらいましょう。参拝に入館料がいるなんて事もありません。納経所が四国霊場には必ず分かりやすくありますので、そこで記帳してもらいます。一般的には、御朱印なんて言われてるやつです。お遍路さんの88四国霊場は「納経」といいます。


打ち終わった時、なんだか「寂しい」感情がありました。終わっちゃったって感じがすごいしました。歩いて打ってる人なんて更に複雑な感情が沸き起こるのかな?って思ったりもします。

お寺も、山の中や海沿い町中や観光寺になってる所など様々でした。絶景も多かったです。いろいろ写真を撮らずにいられない景色に多く出会いました。打ってる時は、あまりに沢山の絶景が次々と、お寺も綺麗に整備されてたりして、どれをとっても絵葉書になりそうな所ばかり。なのに麻痺しちゃうんでしょね。帰ってきて写真をチェックしてると、もっとじっくり心にも焼き付けたら良かったかなって所とかあります。


いろんな事に興味が出てきました。この思いが学生の頃にあったら、歴史の授業がもっと面白く感じたかもしれないな~って思いました。参拝のお寺の事を調べたりすると、有名な武将の祈願寺だったり建物を奉納してたり。1200年は、すごいですね。お遍路は、民間信仰と言われています。が、元々、修行する人達などによって脈々と続けられた歴史がバックグランドにあります。四国霊場が定められる前でも、四国を巡りながら修行をした行者がおり、空海もそんな1人ですからね。
お寺ですから、仏教ですよね。なので、インドのお釈迦様の事の本やDVDを買いあさったり、確実に新たな興味が芽生えてます。しかし、何か特別な宗教に入信なんてしませんけどね。そもそも、聖徳太子も言ってますが、在家で普段の生活を大事にしお寺に参拝し仏教哲学に触れる事を推奨していたし、弘法大師(空海)も、出家しなさいを推奨している事は無いんですよね。


そして、なにより楽しいってのがあります。ほんとに。人生の宝になりますね。
ほんとに、良かったです。世間には、「お四国病」なる病があるようで(汗)歩き遍路の人の多くが、この病に苦しむらしい(汗)お遍路に行きたい、また行きたい!
と思っていしまい、何度もお四国88を打ち巡ってしまう病なんだそうです。
なんか、分かるような気がします。ですが、回数じゃないからね。

ふと、疑問に思った事もありました。行基菩薩が開いたお寺(四国霊場)での話。
私は、下調べをしていたので「行基菩薩が彫った仏像」があるのを知ってたので、
ぜひ!手を合わせてご挨拶をと思ってたのですが、そこに行くと、ほとんどの人が太子堂と本堂のみ。行基菩薩フル無視は、なんだかなぁ~って思いました。

知らないなら仕方ないのですが、先達さんらしき人までフル無視。
歩き遍路の人のブログに書いてありましたが、遍路が目的になっちゃってるプロみたいな人がいるって書いてましたが、そのタイプの人かな?って思いました。
お寺の事なんて、本もあるしネットでも数秒で情報を出せます。やっぱり、せっかく!高速料金払い、食費も時間もかけて遠出してるんです。本堂と太子堂だけサッサってお参りしてだと、もったいないですよね。

そんな感じより、特に熱心に拝んでなくても、お寺の庭や納経所のパンフレットや景色や自然をじっくり見てる感じの人の方が丁寧な感じがしました。楽しんでるし、手を合わせてお参りしてる時は、心もこもってるんじゃないかなって感じました。


また、ちゃんとした感想のページを、お四国1200のカテゴリに追加したいと思っています。しかも、番外や奥の院も興味が出てきてますし(汗)

世界的にも日本にしかない遍路文化。素敵ですよ~。

top1

スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 別格も結願!と現逃の日々更新

top1

四国八十八ヶ所霊場巡りを終え、寂しさのあまり「別格二十霊場」も回りました。

八十八ヶ所の時の経験が存分に役立ち、スムーズに回れました。
さらっと説明すると、八十八ヶ所になっていないだけで、番外である霊場の中で
20の寺院が集まって別格二十霊場となっています。凄い歴史のある所ばかりで、
八十八ヶ所に入ってないのが不思議な程の所ばかりでした。

一般的には、88+20で108となり同時に回る人が多いそうです。

また、各寺院で数珠玉を買えます。全て揃えるとりっぱな数珠が出来ます。
また、1200年記念もやってました。お御影札も蓮の葉とカラーと白黒の3つ。
結構、ありがたいですね。

別格用の納経帳(御朱印帳)を買い、巡りました。

そして、打ち終えました。その為、ホームページも大更新。
別格のカテゴリと高野山のカテゴリと神社のカテゴリを追加しました。

八十八を巡っている時、じつは近くを訪れていたんだって事がわかり、
今から巡る人には別格も!と強く押してあげたい。詳しくは現逃の日々に書いてます。

同時に、神社なんかの御朱印帳も買いました。神社によった時は書いてもらうつもりです。じつは、何年かかってもいいから、各寺院の奥の院も訪ねたいと思っていますので、その時などは寄れるかなって思っています。少し訪ねていますので、サイトにはアップしています。

テレビでは、御朱印帳集めが流行っているとか。自分的には、流行りにのったつもりは無いのですが、偶然乗っかかってる形に(汗)

別格の箸蔵寺参拝の日は、不思議な事が多かったです。
テレビで災害のニュースで知ってる人も多いと思いますが、大雪で自衛隊出動のニュース。箸蔵寺とかは、まさにその近くでしかも山の上。無理なら帰ろうって思ってました。土地勘もないしね。それに、地元の人に迷惑もかけないように。一応、電話して確認したのですが、よくわからなくて、ロープーウェイは動いてるって事でした。
カーナビ誘導で通った道は、除雪直後で山を抜けた所で大きな除雪車がトラックに乗る所。ギリギリラッキーでした。だって、バックで進む事も無理だし、車をUターン出来るほど道幅もなかったので。ほんとに少しでも早くついてたら通れず、遅かったら
再び通行止めに遭遇していたかもしれません。

さらに、箸蔵寺ではロープーウェイに乗るのですが、大きな工事が予定されていて、動いている最後の日でした。翌日から、ロープの張替えで長くストップするようで、
滑り込みセーフ。20日まで止まってるらしいので、今日も動いていない状態のはず。しかも、車では登れないので参拝出来たのが偶然が重なり参拝出来ました。

こんな事は、巡っている時によくありました。ま、ほんとにラッキーなだけなんでしょうけど、不思議だと思っておきたいと思います(汗)

そんなこんなで、108の有名な遍路は結願。高野山も行きました。
後は、時間のある時に奥の院巡りの楽しみを残しています。
奥の院まで巡る人は少ないらしいのですが、ゆっくりと行ける所があれば、参拝したいと思っています。

で、その経験を活かしての情報を自分で書くスペース(遍路カテゴリ以外で)と思いまして、掲示板を復活させようと思いました。

例えば、広島・岡山・香川・愛媛からの道情報は多いのに、大阪・神戸・徳島方面からの情報が、どんなに調べてもヒットしない。購入した本にも詳しくなく、カーナビも微妙で不安に思った事も。そんな事を書いて行こうと思います。

もちろん、私以外の人も書き込んでくれたら嬉しいのですが、
おそらく、だれも書いてもらえなさそうですが、情報をネットに上げていれば、
誰かの役に立つはずなので、めげずに近いうちに設置しようと思っています。

top1

 | ホーム | 

# さすがに暑いので……

top1

なかなかの暑さ。いや、夏なんだから当然なんだけどね。暑くなり始めるのが早いよね。だから、奥の院めぐりなんかも少しお休み。

うるう年の申年、逆打ちの年なので「八十八ヶ所霊場」「別格二十霊場」を回っておりました(ほんとは、打つと言います)。

そちらは、素早く終わりました。なんせ、前回の千二百年記念の時の記憶もまだ鮮やかですから。逆打ちだと道が反対なので「アッ見覚えある、間違いない!」ってのが、道を間違えるきっかけになってしまう所もありましたが、カーナビ様の案内通りでテキパキ行けました。

各寺院の奥の院は、ゆっくりですが行ってます。こちらは、いつ満願出来るのか?わからないって感じなんです。そもそも、終わりがあるのか?とすら思いますが。
少なくとも、奥の院の納経帳を埋めたいとの欲望があります(汗)。
しかし、納経帳や参考本に載ってない所なんかも行ってます。ですから、納経帳の後ろの余白ページがどんどん埋まっていきます(汗)ま、本来、その為に余分なページを作ってくれているが普通なんですけどね。

奥の院は、普通のお寺も多いですが、登山必須の所もチラホラありますので、気軽に人にすすめられない所もあるのですが、簡単に行ける所も多く、札所近くにあるのなら、是非にも寄ってお参りすれば楽しいと思います。奥の院は、お寺だけどは限らないのです。神社も結構あるんです。

ホームページにもまとめていこうと思っています。また、車で行けるよ!って情報もまとめようと思っています。だってね、検索して情報探しても、歩き遍路の人ばっかりだと思いませんか?特に奥の院は。札所はいいんですよ。情報があふれています。

しかし、奥の院となると「歩き遍路」の情報ばかり。結局、地図で事前に確認し、カーナビで出ない所はマニュアル入力で設定し、念のため、スマフォのカーナにアプリにも設定(目的地近くのランドマークとか)して、行きましたし、これからも行きます。

さて、久しぶりの日記は遍路の事ばかりになりました。

記念のお御影札で作るうるう年散華と梵字も完成しました。前回の赤のお御影札より、今回の方がなんだか凝ってて良いですね。

gyakuuti

↑108寺院(88+20)回って完成する5つの(別格1枚88寺院4枚)うるう年申年記念の物。専用台紙は、お寺でしか売ってません。

通常のお御影札(白)や記念のお御影札(赤とか)だと、巨大になりますが、今回のは凝ってて、それほど大きくないけど珍しい作りです。飾ると綺麗!ありがたいですね。

top1

 | ホーム | 

# 高野山に行って来ました

top1

 少し前、高野山に行ってきました。前回行った時より少し静かな感じ。

だって、朝は台風かと思う暴風雨でしたから(汗)しかし、天気予報を信じて出かけました。朝の9時には小雨、昼には晴れる予報でしたから。

 

 到着しても傘が手放せない感じではありました。ですが暴風雨ではありませんでした。

 

 今回は、奥の院と金剛峰寺(基本)と壇上伽藍のいろいろ、霊宝館、刈萱堂、徳川霊台、女人堂、波切り不動・南院、丹生都比売神社と行きました。前とはコースが違います。丹生都比売神社以外はその気になれば歩いて移動出来なくもない距離ですが、高野山の中って路線バスがひっきりなしだから、街中の電車感覚(一駅とか二駅とか)で移動も出来ます。しかし、車で行ってたので駐車場との戦いでした。奥の院で駐めれたら、そこから路線バスで移動するのも気楽でいいかも。特に、徳川霊台は駐車場とか無いので。女人堂も数台くらい。幸い、駐めれました。


 前に行った時より、少し変わっていたのは奥の院の地下。大変な神聖な場所で、写真は当然ながら、私語も慎む所なのに、団体の添乗員が喋る声が聞こえる聞こえる。しかも、照明も明々としていました。あれ?方針が変わったの?


 以前は、外国の観光客の人も日本の観光客の人も、雰囲気の凄さと神聖で歴史ある事を知っている知識から、奥の院だけは静かに、でもしっかり目に焼き付けるって感じでした。


 まぁ、「たまたま」だったのかな。


 世界遺産を中心でもいいですが、高野山に行った時は霊宝館を訪れる事をおすすめします。


 今は真田丸の物もありました。刀とかもありました。これ、実際に戦で人を切ったんだと思うと凄みがありました。しかし、目玉は仏像と曼荼羅などの美術。凄いのばかり。しかも、ガラス越しじゃないんですよね。直視です。学生さんも、ノートでメモ取りならが見て回ってましたよ。


 ところで、霊宝館は御朱印いただけるんですよ。知らない人が多いですが。

だから、チケット買える所で御朱印をお願いするともらえます。


 高野山のいろいろは、現逃の日々の高野山カテゴリーにまとめてあります。


 それにしても、まだまだ行ってない見どころもある高野山です。

紅葉がきれいな所でもあります。


 世界遺産の雰囲気っていいですよね。


 では、また。

top1

 | ホーム | 

# ビックリしました。

top1

 3月ももう終わり。久しぶりに筆をとる事になってしまっております。

いろいろ重大なニュースが多い中、ビックリしたニュースが2つありまして、おどろいております。

 

 それは、別格二十霊場の二番童学寺の火事と八十八ヶ所の六十二番さんが霊場会脱退?61番さん駐車場に「四国八十八ケ所霊場会62番礼拝所」本尊と同じ十一面観世音菩薩を安置し、朱印・御影も。これは、62番さんで参拝を拒否された時の救済処置だそうです。

 

 とまぁ、驚きのニュース。別格二番の童学寺さんは、飛鳥時代に行基によって作られた歴史の古いお寺さんです。近くには奈良時代のお寺の後も発掘されて童学寺の前進だと考えられており、法起寺式伽藍配置をもつ立派な物だったそうです。

 

 童学寺さんには、2度訪れました。一回目はお遍路1200年記念の年。二回目は、60年に一度の閏年丙申の逆打ちの時。

 

 二度目の時は、その日の最後でゆっくりゆっくり参拝したのをおぼえています。団体さんもいて、先達さんが「今日はここまでで、後は高速に乗りますのでトイレをすましてた方がいいかもしれません」なんて言っていたのをおぼえています。

 

 独特の竜宮城みたいな門があり、その奥に駐車場がありました。寺の境内は、本堂や大師堂以外にもゆっくり参拝したので記憶が鮮明です。
あの本堂が全焼したニュースは、本当に驚きました。重要文化財に指定されてる本尊は、担ぎ出されて無事だったそうです。

 

 霊場会のホームページには、納経(御朱印)は別格一番の太山寺で受け付けてくれるようです。しかし、数珠玉(集めてる人多い)やその他の物が残っているか確認中なんだそうです。大師堂は無事だとも書かれています。

 

 本堂が再建されたら、もう一度訪ねてみたいと思いました。

 

 そして、もう一つのニュース。こちらはいろいろな考えがあるのでしょうから、よくわかりません。しかし、前からいろいろありました。1200年記念の時の記念の御神影札が62番さんでは貰えず、61番63番さんがくれた(お寺の名前が入ってない梵字だけの仮の物)りしました。だから記憶に残っています。

 

 私は、61番さんでもらいました。訪ねた人ならわかると思いますが、あの美術館みたいなお寺の次が今回問題となってる所で、美術館みたいなお寺の大きな駐車場に「四国八十八ケ所霊場会62番礼拝所」を作り、本尊と同じ十一面観世音菩薩を安置し、朱印・御影もいただけるって事になりましたってニュースです。

 

 閏年丙申の逆打ちの時の記念御神影札は、1200年の時と違って、ちゃんと貰えました。逆打ちのはじめの時(88番)に、専用台紙を買った時、記念御神影札ちゃんと埋まりますから、安心してくださいって、またまた名前の入っていない梵字だけの物を頂いたのですが、ちゃんと貰えたのでトラブル解消したのかな?と個人的に思っていました。

 

 どうなるんでしょうか。礼拝所といったら、神社なんかにもありますよね。山の頂上にある祠に向かって、下から参拝する所みたいな感じで。出釈迦寺も、奥の院参拝所がありましたっけ。私は、奥の院まで訪ねて、山の崖まで登りましたけど。

 

 この2つのニュースは、ほんとに驚きました。

 

 ではまた。

top1

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。