現逃の日々http://uemicky.web.fc2.com/ の日記のページです。

# 現逃の日々

# プロフィール

ケロケロ

Author:ケロケロ
ケロケロだよー

# 最近の記事

# ブログ内検索

# ブロとも申請フォーム

# QRコード

QRコード


# 気を付けないと…

このページは、「現逃の日々」のウェブサイトの、日記のページです。
全体を表示するには、
現逃の日々←をクリック

東北地方太平洋沖地震で、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

観測史上、最大の地震の発生で、日本そして、、世界が驚きました。

 

いろいろな、事が言われています。激震地は元より、政治や報道でも、様々な混乱や問題が指摘されています。そんな中、私も、様々な報道を見て、驚きを隠せません。

 

で、報道を見続けて、心を痛める事が「ある」との指摘がされています。しかし、気になるし、こんな時にと、自粛ムードが支配するのは、仕方がない。

一週間をむかえた時、テレビも見ない、ネットも見ないって事も、必要だなって思って、見てなかった映画を見る事にしたんです。

見ようと思って、まだ見てない映画が、溜まっています。で、何をみようかなって、思ってなやんだのですが、結局、ミラ・ジョヴォヴィッチが出ているってだけで、内容とかまったく知らない、ちょっと話題になってたなって位の映画「フォースカインド」を見ました。

 

いままで、積みゲーならず、積み映ーになってた物です。やっと、やっと再生してみよかなって気分になりました。正直、ちょっと、嫌々な感じでした。なんか、面白くなさそうだし。でも、面白いかも知れないし、ミラ・ジョヴォヴィッチだしね。

 

映画は、もちろん大好きなんで、情報には敏感でありたいって思っていたのですが、この映画については、あまり、アンテナが働かなかったようで。ま、ちょっと、ニュースから離れるのも、とても大事な事だしね。それに、何度も想像してしまうじゃないですか。自分がもし、あの被害にあっていたらって。どう、避難したらいいのかとか、津波がきたら、とか、もし、家族が友人がとか、考えてしまいますよね。無意識にシュミレーションを繰り返してるんです。しかも、阪神大震災などの、心の奥から呼び覚まされる事も。

 

結論から、言います。

 

映画を見る事は、間違ってなかったのですが、映画の内容の選択は、間違えたようです。私は、生まれて今まで、ホントに、沢山の映画や本や舞台を見てきましたし、お化け屋敷のような、体験型アミューズメントも体験している。

 

断言します。

 

人生史上、最高に怖い映画

 

でした。マジです。も、ほんま、ビックリするくらい怖かった。これって、ホラー?え?って感じです。しかも、英語をはっきり聞き取るために、音量を大きめにしていました

 

はじめは、不眠症を治療する精神科医(主人公)の夫が殺される所から、始まったのですが、話しが進んで行くと、夫が研究していた事を引き継ぐ(不眠症の患者治療)のですが、必ず、ビデオで記録するんです。カウンセリングの時。音声を録音したり。

 

で、私は、興味しんしん状態になった。ミラ・ジョヴォヴィッチが演技するんですが、実際に録画された映像も、同時に二画面に流れたり、映画が始まる前に、ミラ・ジョヴォヴィッチが、「ショッキングなシーンが含まれる事を、予め解っておいてください」みたいな「ご注意」があったしね。

 

さて、映画の話しを日記にする時、どこまでネタバレするのが、いいのかな。う~。

 

この映画を、まだ見てなくて、見てみようって思う人は、ここから先、読まないでね。

 

 

 

 

 

 

 

もし、普通に見たのなら、あんな事に、ダマされるなんて事は、誓って無いし。あんなに、怖がったりしなかったと思う。もともと、ホラーってあんまり見ないので、慣れてないって言ったら、そうなのかも知れないけど。

 

そもそも、ホラーのつもりで、見始めた訳じゃない。完全に、油断してた状態。しかも、不思議な事に、精神科医が挑んでいく。不眠症の患者に、共通の現象がみられるので、催眠術をかけて、何があったのか、探っていく。面白いじゃないですか。興味でるじゃないですか。食い入るように、見始めました。なんだ、おもしろいやんって、思いました。

 

しかも、本物の博士のカウンセリング映像とか入ってるし、News映像とかで、少々ショッキングな映像とかも入ってくるし。で、今思えば、「アホな」って感じだし、ありえないし、そんな事に、気がつくし。

 

でも、あの精神状態ですよ、私。震災ニュースも気になるし、原発も気になるし。原発の水素爆発も、初め、水素爆発って発表が、無く、NHKが映像で指摘して、説明求めたりしてましたよね。とんでもない、ショックを受けましたよね。だって、爆発って。だれもが、日常では無いムードで、報道をまってましたよね。しかも、1,2,3,4号とか。

 

だから、内容を疑う事もなく、ドキュメント風の映画を、無防備な心のまま、受け入れてしまったんです。しかも、重要なシーンで、映像が乱れるのですが、何故、乱れるのか、私なりに考えたりしたんですよ。もう、映画製作者の思う壺すぎて、笑けます。

 

 

006

悲鳴をあげたよ、ホントに。一人で見てたし。それが、ここ。

Four

映画観た人なら、分かると思うけど。もうね、どんだけ怖かったか。

 

48456205peevee311443_1

完全に、心に針が刺さったように恐怖を感じました。ショックだった。

 

しかも、映画観た後で、台所でお料理でもって、料理してたら、出かけていた母が、車で帰って来たんですが、車のライトの光が、「カー」って窓から見えるじゃないですか。

 

もうね、どんだけビビったか。ええ、ほんとに。

 

映画観た人なら、分かると思うけど。

 

んで、翌日には、すっかり元どうりな状態になって、いろいろ落ち着いたんですが、よくよく考えたら、アホらしって分かるし、脚本もイマイチだし、ミラ・ジョヴォヴィッチが何故?出演しかのか謎だしね。ほんとに、あんなにビビった自分が、悔しすぎる。

 

ほんま、やられたわ。

 

あ、あ、あんな、古典的なオカルトが題材なのに。しかし、斬新な作り方では、ある。すっかり騙されましたが、トラウマやっちゅーねん。

 

でね、いろいろ調べたら、ホラー好きな人の日記では、はじめて声だして驚いたとかね、ホラー苦手な人は、見ないほうがいいとかね、博士の顔が一番怖いんじゃ、ボケーとかね。皆、相当恐かったみたい。

 

そんな映画を、適当に、あんな時に選んでみてしまった、ホラー苦手な私。

 

ほんとに、怖かった。

 

で、ここまで読んで、観てないから、観てみようって人は、恐らく、そんなに怖くないと思う。恐怖を味わいたいなら、まっさらな、子供の心が必要。前情報が「0」で、見るべき映画。

 

くやし~。

 

最後に、早く震災の混乱が落ち着きますように、願って止みません。被災地以外の地域では、日常の普通の生活こそ、経済の潤滑のために、間接的に、被災地の為にも、なるんだそうです。自粛ムードも、長引けば、害になる事は、阪神大震災の時に、指摘されたみたいで、あの時よりも、早く、バラエティーも放映されています。

 

がんばれ、日本っ!

 

そんなムードの中、ドジな私が、マヌケな体験でした。

あーくやし~。



スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 口は、災いの元ってねっ

このページは、「現逃の日々」のウェブサイトの、日記のページです。
全体を表示するには、
現逃の日々←をクリック

 

あの、大災害から、一ヶ月ちょい。

 

日記には、震災関係の事を、少し書いたが、やはり、避けてきた。

アイスタ(SNS)の日記も、そうだけど。

 

しかし、レベル7引き上げのニュースが、世界を回る。

阪神大震災の時には、無かった事です。

 

震災地の復興に、全力で立ち向かい、世界からも、たくさんの支援が届く中、
どうしようも、気を揉むことしか出来ないのが、原発の事故。

怒りの矛先も、ころころ変わる。

自粛ムードが列島を支配していますが、一ヶ月を過ぎて、
少し、その問題点が叫ばれています。

個人で出来る事を、みんなしてるしね。

大○○宏さんが、いつものようにTVでしゃべっていました。

 

が、

 

○谷昭○がね、ゴールデンウィークについて、しゃべっていた時です。

計画停電で揺れた関東(回避方向でよかったですね)とか、
大規模停電の危険性が、5月にあるって、ニュースの時。

あまり報道がされていないのですが、計画停電が回避できた理由の一つに、
節電が進んだだけでなく、停止していた火力発電等を動かして、
って話しですが、東電は、本格的な夏を迎える前に、
メンテナンスを、一度実施したい方向だそうです。

そりゃ、そうですよね。で、メンテの時は、夏のピークを避けて行うらしい。

それが、5月辺らしいのですが、5月にも、真夏のような温度になる時が、
ある。その時、メンテに入っていると、大規模停電の可能性が叫ばれて、
大変らしい。

一方、

観光庁が、自粛しないでと、呼びかけ。

経済を回さないと、いけない。これは、政府が、国民に直接の呼びかけ。

福島県でも、原発問題で、世界的に知名度を上げてしまってますが、
直接被害の無い地域の観光地もある。

もちろん、東北でも。

しかし、以前までと言わないでも、少しは、観光客が戻らないと、
復興にも影響が。

いわゆる、風評被害ってやつです。

ゴールデンウィークは、まさに、一つの目標にしている、復興地域も多く、
少しでも、笑顔を取り戻そうと、がんばっていらっしゃいます。

そんな、中。

大谷○○さんがね、発言したんです。

全国放送で。

「みんな、関西に来たらいいんですよ。

関東は、電気でアレだから。

あのCM流せば、いいんですよ。ほら、

「そうだ、京都へ行こう」ってやつ

皆ね、関西に………」

とかって、感じでした。

その時、アナウンサーは、

「おいおい」

って感じで、話しを変えようと、空気を変えるようにしてたが、

興奮したみたいに、関西に来たらいい、行ったらいいと、
ふたたび、大声で話しだした。

なんかね、

私、この人、嫌いになった。

関西では、よくTVに出てる人だし、よく拝見してました。

なんか、歯並び悪いな~って、思ってました。
一度なんて、なんか、おみやげ食べたりするじゃない、TVで。

その時、唾液が、歯から糸引いたのを見たことが、ある。

昨年かな。げげ~って思った事が、あった。

地デジは、fullじゃないにしろ、ハイビジョンだよって、
突っ込みたくなった。

で、今回、なんか、問題発言じゃないかな?って、私、思ったんです。

特に、問題になってないけどね。

ゴールデンウィークめざして、一丸となってがんばってる人、
関東、東北に沢山いますし。

ほかの地域も、それを支える動きも、沢山あるし。

「節電に気を使いながら、よし、行こう~」

って、発言するなら、まだ分かる。

でも、

東北、関東には、観光に行ったら、駄目。

関西に、関西にって、TVで行ってた。

いやね。関西に観光客が増えるのは、うれしいいし、
自粛ムードで、打撃受けた所も、あるしね。

兵庫県では、昨年の洪水から立ち直りかけている所も、
あるしね。

九州の火山の事なんて、皆、忘れてるような感じですが、
あそこも、被災地ですよ。

そして、観光に打撃地域。

乱暴な話しですが、せめて、

「今年は、国内旅行しよう!経済、回そう!」

だったら、納得もしたものを。

なんか、関西関西、うるさかった。

だから、関西って、嫌いな人が生まれるんじゃない?

ミヤネ屋でも、大阪が大阪がって、うるさいって批判されてたし。

問題なのは、電力がアレなんで、関西にって、所ですよ。

あれだけ、東京が元気いっぱいにならなければ、
日本がだめになるって、頑張ってるのに。

関東が駄目だから、関西にって。

しかも、あの、言い方。なんか、ね~。

どうでもいいけど、言い方って、あるよね。

どこまで、お偉い方なんでしょうかね。
ま、ぐぐればすぐ分かる人だから、お偉いんでしょうね。

でも、私は、なんか、

不謹慎は、あ・な・た

って、感じでした。

夕方のニュースを、見ながら、お料理する事が、多いのですが、
この人が、解説員だったら、他のチャンネルに、変えてしまいそうです。
残念な事に、関西では、よく出てるんですよね。この人。

早く、福島原発が、落ち着きますように、祈っています。

 | ホーム | 

# 動画サイトが伝えたこと(少なくとも私に…)

このページは、「現逃の日々」のウェブサイトの、日記のページです。
全体を表示するには、
現逃の日々←をクリック

 

なんと、気がつくと、もう寒くありません。

早いものですね~…時間の流れってやつは(;^ω^)

 

あの、大災害から本日まで、沢山の現地からの動画が、
アップロードされています。

初めからアップされた物から、最近も、増え続けています。
おそらく、アップロードできる環境に戻ってきたのでしょう。

そこで、見て感じたことを。

ニコもYouTubeも、コメがありますよね。
中には、不謹慎だって、アップした人を批判したコメも、
あるのですが、私は、そうは、思いません。

なぜなら、

少なくとも、私が思っていた「津波」と、実際は違っていたって事です。

小学生の社会の授業などで、津波の教育が、
確か、ありました。教科書にも、写真が載ってた。

と言っても、日本中では、授業時間で、おそらく、バラつきがあると思います。

そして、過去の災害の大きさとか習ったのですが、
昔の話しの印象で、写真も白黒の写真だったと思います。

現実感が、やはり無かったと思います。

防災意識の高い地域でも、そんな事が指摘されています。

私は、津波って言えば、

パニック映画に出てくるような規模の波が、建物を破壊するイメージが強かった。

スマトラ島の映像も、数年前から存在しているし、見ていました。

が、

リゾート地での映像で、ホテルなどからの映像が多く、周りは、
整備された木々や砂浜などの場所に、津波が押し寄せる映像。

沢山の方が亡くなっている事は、知っていたのですが、
あの映像から、危険意識をマックスに引き上げる事は、
正直、難しい。

なぜなら、海岸線さえ離れれば、大丈夫って印象。

それに、津波の意識がなかったので、
多くの人が、避難せずに、逆に、見学に行ったって報道が、
さらに、後押し。

なのに、今回の津波の映像の力は、恐るべし事実を教えてくれている。

津波が世界的に、日本語のまま通用する単語である事が、
指し示しているように、防災意識は高い国。

スマトラの時も、諸外国で、日本の援助で作った防波堤のおかげで、
助かった国が、多数あり、現地に行った日本のマスコミだけ、
大歓迎、タクシーも無料だったと、記事で読みました。

その位、津波の恐ろしさを「知っている」日本です。

で、それなりに、防災教育を受けてきたはずの私ですが、
正直、あの映像には、驚くばかりです。

ほら、やっぱりって感じでは、ありません。

まさか…って感じです。

例えば、1メートルの津波って聞いたら、さほど危険とか、
思わなかったと思う。

壁があるやん、建物で力が弱まるはずやん、海から離れているやん、
2楷に行けばいいやん……

さらに、津波警報とか、注意報って、何度か経験し、
TV画面で見たりしてたのですが、
何事も無かった。

今回も、同じく、初めの注意喚起は、数十cmだった。
それが、メートル単位に変わった。
到達してからも、数値は変わった。

しかし、直接被害も無いし、揺れも大きくないし、
危機意識って、強くなかった。

そうです。

直下型の地震ではなく、海底の地震で津波が来る。
しかも、離れた所からでもって事を、

すっかり忘れている私がいた。

YouTube等にアップされているあの映像を見なければ、
正直、意識は変わらなかっただろう。

だた、変わった。

それは、偶然撮影した人も同じようです。

初めは、特に危機意識なく、撮影している映像も沢山あり、
徐々に緊迫したムードになっている映像がある。

激しい揺れにあいながらでも、そんな感じ。

なら、震度3位の地震の後、「津波がくるぞ」って言われたとして、
あのYouTube等の映像が無かったら、
自宅でテレビニュースを見たりするだろう。

ですが、今回、多くの人が理解した。

そして、海外の人も分かった。

完全に、何かを勘違いしていたんだなって、思いました。

 

まず、数十メートルクラスの津波じゃないと、
街の破壊とか、無いって思ってた。

違った。

津波は、激しい主張をしながら、押し寄せてくると、思ってた。

違った。

津波が押し寄せるのを乗り切ったら大丈夫だと、思ってた。

違った。

まだ、沢山あるのですが、割愛。

 

まず、多くの映像がありますが、ほどんどが、いち早く高台にいる。
すでに、高台に到達している人の映像しかない。

そして、周りの人なんかが、「急いでー」「早くー」って、叫んでいる。
にもかかわらず、歩いたままの人が、沢山いる。

おそらく、先ほど言った「激しい主張」ではないんだって感じた。

そして、数十メートルの高さで押し寄せてくるのではなく、
徐々に満ってくる感じで、なによりおどろくのは、

「ゆっくり、早く」って感じな事。

危ないって時は、もう遅いって感じ。

そして、目の前だと、まさに激流。

また、津波後の映像をみると、すべての建物の壊れ方が、
ある法則を持っている。

みんな同じ方向に傾いている。海側に傾いている。

津波到達が危険の頂点ではなく、引き波が強い力を発揮している。
押し寄せる時、建物にダメージを与え、引く時、破壊して流す。

流れた建物が、大きな力をもって、頑丈な建物に次々にぶつかり、
破壊してしまう。

そんな所まで、映像は教えてくれている。

そうかって、納得した事がある。

私は、PCの中で、宇宙のシュミレーションとかする時があるんですが、
大きな天体を高速で動かしても、すごくゆっくに見える。

実際の数値は、物凄いスピードなんだけど。

逆に、小さい隕石などは、普通のスピードでも、早く見える。

もちろん、同じ視点でって、条件の元で。

津波が押し寄せる映像をみた時、ゆっくりに見えてる。
そして、到達した時には、危険な状態。

これは、ゆっくりに見えた津波が、非常に規模が大きな事を意味している。

と、映像をみながらそんな事を、考えて、今後に生かしたいと、思いました。

映像を上げている人も、伝えたいって人が、多いみたいだし。

TVで使われたりも、しているしね。視聴者提供とか視聴者撮影とか。

阪神大震災の時と、随分違うのは、災害の種類だけじゃなく、

動画として、記録され、それが共有されているって事でしょう。

ユーストで生放送中に地震&津波の人も、居ました。

ニコ生で、放送中に、地震&津波の人も、居ました。

圧倒的な真実を伝えています。

今回の、沢山の映像のおかげで、未来、助かる命が、あると、
思いました。

 | ホーム | 

# 3.11

tm20

このページは、「現逃の日々」のウェブサイトの、日記のページです。
現逃の日々

あの震災から2年経ちましたね。悲しみが癒えない方も大勢いらっしゃると思います。
再び懸念される震災の為、様々な対策が議論されていますね。

混乱は避けれないでしょうけど、政府・行政・個人が過去の悲しい出来事から
学んでいる事が役立ちますように。

現逃の日々

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。